福岡大大濠・山下舜平大投手が151キロ、11球団約20人スカウト視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

福岡高校野球大会では、福岡大大濠の153キロ右腕・山下舜平大投手が春日戦で登板し、最速151キロの球を披露した。

スポンサーリンク

末恐ろしい

リードを3点に広げた9回、福岡大大濠は山下舜平大投手が登板すると、11球団、約20人のスカウトがざわめきだす。一斉にスピードガンを構えると、最速151キロを計測した。

山下投手は6月中旬の練習試合で最速153キロを記録し、視察したプロのスカウト陣からドラフト1位級の評価を受けていた。しかし、6月21日の練習試合で背中の痛みを感じて4球で降板し、その後は、期末テストの練習休止期間も入り、投球を再開したのは3日前からだった。

この日はストレートだけを投げ込み、セカンドゴロ、レフトフライ、キャッチャーフライで打ち取ったが「8割の力。でもちょっと力みが入りすぎてしまった。全然満足いく球じゃなかった」と話した。

視察したスカウトの評価は次の通り。

巨人・武田チーフスカウト:「器の大きさ、エンジンの大きさがある本格派。将来が末恐ろしい。楽しみです」

阪神・田中スカウト:「もともと好素材なので下級生の時から注目してきた。球速はもちろんだが、高校生離れしたカーブも持っている。全国でもトップクラス。ドラフトでは1位候補になってもおかしくない」

中日・三瀬スカウト:「ぶっつけ登板でこれだけ力を出せるのはすごい。久々の実戦で力が入っていたが、これからまだまだ良くなると思う。球速も上がると期待している」

この大会でさらに調子を上げ、ストレートで三振を奪える投球を見せれば、ドラフト1位指名の可能性もある。

またこの日は、149キロの球を投げる二刀流の山城航太郎選手も、1番サードでスタメン出場をしていたが、8回1アウト1,2塁の場面で登板し、ライト前ヒットを打たれて満塁としたものの、最速144キロのストレートとスライダー、カーブで無失点に抑えた。サードの守備でも好プレーを見せ、スカウトの前でアピールをした。

福岡県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
福岡県高校野球大会はの注目選手を紹介します。大会は既に地区の大会が始まっており、すでに敗れているチームもありますが、注目選手として全て紹介します。
2020年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

夢はプロで、目標は「大谷選手やダルビッシュ投手に魅力を感じる。スピードがありながら変化球も織り交ぜられる。そういう選手になりたい」と明かす。この日は、昨秋県大会以来の公式戦登板で「8割の力で力みもあった」と振り返った。それでも巨人武田チーフスカウトは「器の大きさ、エンジンの大きさがある本格派。将来が末恐ろしい。楽しみです」と絶賛した。

山下、試運転151キロ 西日本スポーツ紙面 2020/7/19

 

直後に右前打を浴び、満塁にされたが、スライダーやカーブも駆使。最後はこの日最速の144キロ直球で右飛に打ち取った。三塁守備ではダイビングキャッチも見せ、主将として体を張った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント