福岡県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

福岡県高校野球大会はの注目選手を紹介します。大会は既に地区の大会が始まっており、すでに敗れているチームもありますが、注目選手として全て紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

福岡大大濠の山下舜平大投手は、188cm93kgから最速153キロの速球を記録し、視察したスカウトも絶賛をしている。1年時から登板をしており、昨年の時点で高く評価をされていた。力のある球を投げていたもののが、さらにもう1段上の投球が見られるかが注目される。福岡大大濠では、143キロの速球を投げる左腕の深浦幹也投手、149キロの速球を投げ、高校通算21本塁打の長打力もある山城航太郎選手など、ポテンシャルの高い選手がいる。

九州国際大付の酒井教平投手も、昨年は2年生ながらキレの良い変化球とストレートを投げ、質の良い球は非常に期待していた。四死球も少なく楽しみな投手だ。小倉高の吉川晴朝投手は193cmから140キロの球を投げる。やや低い位置から腕が出て変化球をうまく使う。田川高校の後藤隼投手は180cmの本格派右腕で、しなる腕から141キロを記録し、香椎高の牟田稔啓投手も145キロの速球を投げる。変化球や制球は課題だが、楽しみな投手とプロも注目。

宗像高校の石橋昂樹選手は、184cm80kgの内野手で、高校通算21本塁打の長打力もある大型遊撃手。プロでも大きく育ってほしい遊撃手だ。筑陽学園の中村敢晴選手も183cmの大型遊撃手で、1年時から起用されて期待を受けてきた。

福岡工大城東の誉田貴之選手は、セカンドまで1.87秒の強肩選手で、打撃でも強打者として注目される。福岡第一の岸本暖選手も高校通算は11本だが県トップクラスのスラッガーと注目され、セカンドまで1.8秒台の強肩を見せる捕手。

その他の選手

九州国際大付の石田渉人選手は179cmの遊撃手で、投手としても136キロを記録する強肩と抜群の俊足を見せる。チャンスに強く、外野手としても守備も良い斉藤吏選手、177cm90kgの長距離砲・塩崎優選手、巧みな打撃でチーム1の打率を残す三好大騎選手などがそろう。

八幡南の濱本建投手は130キロ後半の速球と変化抜群のスライダーを投げる。大牟田高の猿渡歩真投手は174cmから140キロを記録、多彩な変化球で2ケタ奪三振が記録できる投手。香椎高は控え投手の松尾厚輝投手は鋭いスライダーで三振を奪い、吉野巧基投手は鋭いスライダーを投げる。宗像高の中村浩輝投手はシュート回転する球を駆使し打ちにくい。

小倉工の久木田和志選手は175cm93kgの体から高校通算25本塁打のパワーヒッター。西日本短大付の宇郷拓海選手は182cm86kgの外野手で、遠投115mの強肩は抜群。足や長打力もある選手。沖学園の戸内翔捕手は元プロの吉永氏の教え子で、セカンドまで1.8秒台の送球を見せる。杉山廉仁選手は181cmの左腕で巧みな投球を見せる。

真颯館の菊池壮真選手は強肩と俊足で外野で躍動感あるプレーをする。荒牧遼真選手は、巧打でヒットを打ち分けることができる。福岡工大城東の小金丸竜哉選手は身体能力が高くサードの守備や走塁でスピードあるプレーを見せる。

星琳の中山拓海選手は1年秋から捕手のレギュラーとして出場し、ボールを捉えるのがうまいバッター。松尾拓馬選手も162cmだが80kgとがっちりした体から高校通算16本留打を放つ。希望が丘の荒木朝陽選手と渡邊廉投手は共には力のある球を投げる投手。

下級生では、沖学園の水崎康平投手が173cmから138キロを記録する球を投げるが、明豊を相手に好投を見せており、堂々としたピッチングが注目された。九州国際大付の柳川大晟投手は、188cm80kgの右腕で140キロを記録するポテンシャルの大きな選手。同じく山本大揮投手も182cmの右腕でコントロールの良い投球を見せていた。球速のアップを目指したい。福岡大大濠の古川秀弥投手も馬力の大きな投手として課題の制球力アップが期待される。

九州国際大付の井上堅心選手は180cmの選手で、サード、キャッチャー、外野を守っているが、強肩でどのポジションでも注目される。強打は九州屈指と評価される。

2020年度以降-高校生-福岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント