近大泉州の147キロ右腕・斎藤佳紳投手が好リリーフ、オリックスが視察も大学進学志望

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

大阪府高校野球大会では、近大泉州vs大阪偕星学園の試合が行われ、近大泉州が勝利した。147キロ右腕の斎藤佳紳投手が142キロを記録し、好リリーフを見せた。

スポンサーリンク

142キロリリーフ

最速147キロの速球を投げる斎藤佳紳投手は、1点リードで迎えた8回の1アウト三塁というピンチで登板すると、ストレートで2アウトとしてから、スライダーで三振を奪い、同点を許さなかった。

その後、味方が4点リードに点差を広げると、9回は声を上げながら気迫の投球で、最速142キロの速球で押し切った。1回2/3を投げて1安打2奪三振無失点の好リリーフだった。

この日はオリックスの山下スカウトが視察し、「前へ前へと気持ちが出ている。躍動感がある。おもしろい。将来が楽しみ」と評価した。

斎藤選手は卒業後は大学に進学をし、4年後にプロ入りを目指す。そして「将来は田中将大投手みたいなメジャーリーガーに」と話した。

大阪府高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
大阪府高校野球大会はの注目選手を紹介します。

「覚悟を持ってマウンドに上がったので、勝手に声が出た」。打者6人に18球。1球ごとに「フンッ!」とうめき声がもれた。ネット裏で見守ったオリックス下山スカウトのスピードガンは最高142キロを計測。「前へ前へと気持ちが出ている。将来が楽しみ」と、力投ぶりをほめる。

 1メートル79、90キロの体格を誇る本格派。ヤンキースの田中将大を目標とし、将来はメジャー入りの大望を抱き、視察したオリックスの下山真二スカウトも「躍動感がある。おもしろい」と将来性を評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント