大阪府高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

大阪府高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

履正社の小深田大地選手は左の大砲で、落ち着いた雰囲気の打席から投手のインコース攻めに全く動じずに楽々と長打を放つ。スカウトをして「高校生じゃないみたい」と評価される屈指のスラッガー。関本勇輔選手も公式戦経験はまだ少ないが、セカンドまで1.84秒の強肩に、日増しに伸びている長打力、そして元プロの父親の縁もあり、プロ入りは固いだろう。

大阪桐蔭の西野力矢選手は181cm95kgのスラッガーで、高校通算29本塁打を放つ。俊敏さなどに気になるところはあるが、大学でもすぐに主軸を打てるくらいの技術とパワーがあり、ドラフト会議の指名があってもおかしくない。

仲三河優太選手も180cm84kgの恵まれた体から痛烈な打撃を見せる。しかし中学時代からNO.1投手としてちゅうもくされており、甲子園などで特に野手としてのプレーがなかなか見せられていない点が課題か。西野選手と共に、甲子園交流戦やNPB合同練習会などで評価が急激に上がりそうな選手。

履正社の岩崎峻典投手は、2年夏に急激に伸び、昨年は清水投手と2枚看板で甲子園を制した。145キロの速球に多彩な変化球の精度も高いが、さらに高く評価されるためには体をさらに大きくし150キロ近くを記録したい。内星龍選手は逆に岩崎投手程の実績がないものの、190cm84kgから147キロの球を投げるという事で、ポテンシャルを評価されそうだ。

投手では大阪桐蔭の藤江星河投手も、全国で見ても屈指の左腕投手だろう。キレの良い140キロ台のストレートは打つのはかなり厳しい。183cm90kgから145キロの速球を投げる申原理来投手もこの夏に大化けして出てくるかもしれない。

その他の選手

履正社では昨年も主力として高い打率を残す池田凛選手の打撃と守備は、大学でもすぐに使われるくらいだろう。185cmの大型選手で高い打率を残す田上奏大選手、外野手としてセンスを見せる両井大貴選手や、秋は2本塁打を放った184cmの大型外野手・大西蓮選手に、145キロの速球を投げる衣笠遼投手、昨秋は主戦としての活躍を見せた辰己颯投手、1年時から期待された188cm右腕の田淵一樹投手もおり、全国制覇の昨年メンバーにも匹敵する力がある。

大阪桐蔭も抜群の守備と打撃センスを見せる伊東光亮選手は大学でも主力級、1年時に4番を打った船曳烈士選手もパンチ力十分、180cm85kgの左のスラッガー・吉安遼哉選手もポテンシャル高く、シャープな打撃の上野海斗選手、180cmながら俊足の加藤巧也選手、俊足の増田和希選手などもポテンシャルが高い。投手では184cmの岩本賢志選手もポテンシャルの高い投手として期待される。

2強以外では、近大泉州の中尾純一朗投手が185cmのスリークォーターから非常に打ちにくい130キロ後半の速球をなげており、今年はさらに成長が期待される。斎藤佳紳投手も145キロを記録している。興国高校も185cmから140キロの速球を投げる浅利太門投手がおり、今年も公立の星がいる。

大商大堺の中島黛我投手も急成長を見せ144キロを記録、大商大高の亀島啓人投手も130キロ後半を記録する。初芝立命館の森瑠惟斗投手は左から威力あるストレートを投げ、上位進出の立役者。北野高校の長曽我部健太郎投手は165cmの左腕で130キロ後半のキレのある速球と多彩な変化球を見せ、昨年秋は5回戦まで勝ち上がった。

早稲田摂陵の中島央稀投手もきれいなフォームから182cmから142キロの速球を投げる。関大北陽の坂本雅治投手は、伸びのあるストレートと緩急をつける投球が持ち味。大塚高の尾崎拓弥投手も左から力のある球を投げる。金光大阪は昨年は控えだった西村純投手と藤沢空良投手が成長をしているようで期待。花園高の弓削昌平投手も左から力のある球を投げる。

大体大浪商の芝幸大選手はフットワークの良い遊撃手で大阪でも上位クラス、桜宮の松本元輝捕手も160cmと小柄だがスローイングとリードが素晴らしく、大阪でも屈指の捕手と注目される。上宮太子の岡大智選手は抜群の足の速さを誇る。大塚高の香川景選手は小柄な遊撃手だが、投手としても投げる肩の強さがある。

東海大仰星の渡橋空選手は投手、外野手、捕手と複数のポジションでプレーをし、センスを見せる。金光大阪の竹島佑毅選手は1番バッターとしてアベレージを残す。北野高の小牟田ニキータ選手は内野守備の要、初芝立命館の野上航汰センスも高い打撃と守備の技術を見せる。

この他にも、大阪電通大高の山口瑠成選手は1番バッターでパンチ力を見せ、英真学園の谷川優太選手は183cmから卓越した打撃を見せる。大成学院大高の木村早希人投手は144キロを投げる強肩の選手のようだ。

2年生でも大阪桐蔭の松浦慶斗投手は185cmから146キロの速球を投げ、右腕の関戸康介投手も中学時に146キロを記録し来年の注目投手。捕手の坂玲哉選手もセカンドまで1.85秒の肩を見せる。池田陵真センスがU15代表の捕手として非常に強い肩を見せ、大阪NO.1捕手争いも楽しみ。

東海大仰星の高橋怜央投手は172cmの左腕でキレのあるストレートと鋭いスライダーを投げる。関西創価には右の瀬戸東大投手と、左の福田一斗投手という長身投手が並ぶ。金光大阪も1年時から経験を積む伊藤大貴投手と平野信太朗投手の成長が期待される。

また2年生では大阪偕星にドミニカからの留学生、ダビット バチスタ・モレノ選手とワーネル マニュエル・リンコーン投手がおり、モレノ選手は強打を打つ右の外野手、リンコーン投手は173cmと上背はないが、球速が110キロから140キロまで伸びている。

2020年度以降-高校生-大阪府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント