高岡第一の146キロ右腕・佐伯成優投手に中日、広島、ソフトバンク、日本ハム、西武、ロッテのスカウトが視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

北信越NO.1とも呼ばれる146キロ右腕の高岡第一・佐伯成優投手の登板に、中日、広島、福岡ソフトバンク、北海道日本ハム、埼玉西武、千葉ロッテのスカウトが視察に訪れた。

187cm右腕

佐伯成優投手は187cmから146キロの速球を投げ、回転の多い質の高い球を投げる投手として注目される。

この日は強豪の富山商と対戦に、1-0の7回からリリーフで登板すると、8回までの2回で2安打3四死球2失点、球速も142キロ止まりで精彩を欠いた。

試合は2-2のまま10回のタイブレークに入り、6-2で勝利をしたが、佐伯投手は「力んでしまった。自分のせいで終わってしまうところだったが、逆転してくれてありがたいです」と話した。

この日は6球団のスカウトが視察に訪れた。

中日・音重鎮スカウト:「今日は本来の出来ではない。前回に見た時は指にかかって、質のいいボールだった。身長も高く、いいものを持っている」

広島・高山健一スカウト:「ずっと見てきたが、ボールの力があり、将来性を感じる。ボールの質はいい」

この日の結果を評価するものではなく、質の高い球や、これまでの視察の状況から評価は変わらない。ただし、今年に関してはスカウトもなかなか見られていない事もあり、少ないチャンスで確実にアピールする必要がある。次の登板でしっかりと結果をのこしたい。

富山県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B
富山県高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 187センチ、83キロの体格で、長い腕から投げ下ろすストレートと、切れのあるスライダーが武器だ。高い将来性を期待され、夏前にはプロ12球団が視察。この日のネット裏では、中日、広島、ソフトバンク、日本ハム、西武、ロッテの6球団が訪れた。中日の音重鎮スカウトは「今日は本来の出来ではない。前回に見た時は指にかかって、質のいいボールだった。身長も高く、いいものを持っている」と話せば、広島の高山健一スカウトは「ずっと見てきたが、ボールの力があり、将来性を感じる。ボールの質はいい」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント