苫小牧中央の146キロ左腕・根本悠楓投手が初の南北海道大会進出

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

苫小牧中央の146キロ左腕・根本悠楓投手が、苫小牧工を完封し、2試合連続完封で初の南北海道大会進出を決めた。

9回に三者連続三振

根本悠楓投手はこの日、球速は140キロ前後に抑え、変化球を織り交ぜて投げた。それでも初回に三者連続三振でスタートすると、9回にも三者連続三振、ヒットは2安打のみ、四球も1つと完ぺきな内容で完封した。

2日前にも北海道栄戦で8奪三振で完封をしているが、中1日の登板に「少し肩周りに筋肉痛があったので、直球で押すよりも変化球とのコンビネーションを生かして投げた」と話した。これで今大会は3試合19回を投げて無失点、24奪三振を記録し、ドラフト上位候補としての力を存分に見せている。

北海道栄戦では10球団のスカウトが集まったが、この日は3球団5人のスカウトが視察し、千葉ロッテはスカウト部長が、北海道日本ハムはGM付き特命スカウトが視察をした。

千葉ロッテ・永野スカウト部長:「剛球タイプではないが、テーマを定め工夫して投げている。賢い」

北海道日本ハム・伊藤剛GM付特命スカウト:「球速以外の切れや制球も見られた。楽しみ」

根本投手はドラフト2位までには指名されることが予想され、この2球団の指名の可能性は高いものとみられる。

南北海道高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
南北海道高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

10球団のスカウトが集まった24日の北海道栄戦に続き、この日もロッテなどプロ3球団5人のスカウトが視察。中1日での登板に「少し肩周りに筋肉痛があったので、直球で押すよりも変化球とのコンビネーションを生かして投げた」。最速は前回の145キロより遅い140キロ程度に抑え、変化球を巧みに織りまぜながら、打者を打ち取った。

今大会初戦から3試合で計19イニング連続無失点、24奪三振。直球主体で8奪三振完封勝利した北海道栄戦に続き、この日は変化球主体で2試合連続三塁を踏ませなかった。ロッテの永野吉成プロ・アマスカウト部長(52)は「剛球タイプではないが、テーマを定め工夫して投げている。賢い」。日本ハム伊藤剛GM付特命スカウト(43)は「球速以外の切れや制球も見られた。楽しみ」と、いずれも高い評価を口にした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント