京都外大西・山下航汰選手がタイムリーヒット、オリックス・阪神・ソフトバンクが視察

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

京都外大西の高校通算36発スラッガー・山下航汰選手に、この日はオリックス、阪神、福岡ソフトバンクのスカウトが視察した。

スポンサーリンク

金属バットで

高校通算36本塁打を打つ山下航汰選手はこの日、初回1アウト2塁の場面で、低めのストレートをコンパクトにはじき返し、先制のセンター前ヒットを打った。

山下選手は練習試合では木製バットを使って出場をしていたが、最後の大会となる今大会はチームメイトに懇願され金属バットを使っている。しかし、「練習試合では木製を使っていたので金属との違いで迷っている。」と話し、まだ大爆発は見られていない。

京都大会はベスト8までしか行われないため、次戦の京都共栄戦が最後の試合となる。「最後は勝って、打ってアピールしたい」と話し、木製バットを手にしてホームランを打つかもしれない。

この日はオリックス、阪神、福岡ソフトバンクのスカウトが視察をしマークを続けている。最後の試合に注目したい

京都府高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B
京都府高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ドラフト候補の京都外大西・山下航汰捕手(3年)が決勝点をたたき出した。1回1死二塁で、低めの直球をコンパクトなスイングで中前へ。オリックス、阪神、ソフトバンクのスカウトが視察する前で先制打を決めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント