千葉県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

千葉県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

木更津総合の篠木健太郎投手は、1年次から実績のある投手で、昨秋の1安打完封など、投手としての力は全国トップクラス。球速も150キロ台を突破している。伸びのあるストレートを低めに決められ、様々な方向に沈む球も投げ、弱点らしい弱点が無い投手。プロ志望をすれば間違いなくドラフト会議で指名がある投手だ。

習志野の角田勇斗選手はショートの守備で全国でもTOP10に入る評価を受けるだろう。また打撃でも強い打球を打つようになり、またチャンスに強さを見せ、何かをやってくれる選手。プロの世界で輝きを見たい選手。桜井亨佑選手も昨夏の甲子園のホームランや、木更津総合の篠木、根本を粉砕した打撃など、打撃で卓越したものがあり、全国屈指のスラッガーといって良い。他にもセカンドの小沢拓海選手も守備が良く高い打率を残し、サードの和田泰征選手は184cmの左打者で、痛烈な打球に拍車がかかっている。

成田高の古谷将也選手も強肩と強打の選手で、昨年はバックスクリーン弾などしっかりと長打を見せた。2018年にドラフト6位で北海道日本ハムに指名された田宮裕涼選手より捕手としての面では上、打撃でやや下という所か。また成田高校では遊撃手の松本憲信選手の強肩がプロから注目されている。銚子商の常世田翔太選手の守備も、一目見て他の選手とは別格という印象を受ける。

他にも投手では千葉学芸の小芝永久投手が146キロの速球を投げ、昨年秋も力の片りんを見せていた。日体大柏の箱山優選手は183cmから143キロの迫力ある球を投げる。志学館の相馬綾太投手も143キロの速球を投げ、千葉黎明の千葉汐凱投手は小柄な左腕だが、キレの良い130キロ後半の速球を見せる。

東葉高の清水大翔投手は147キロの速球を投げる投手で、その球速が注目される。

その他の選手

習志野は投手も、甲子園で抜群の駆け引きを見せた左腕の山内翔太投手に、182cmから140キロ台の速球を投げる堀井遥斗投手が成長している。高橋雅也選手など野手の層もまだまだ厚い。

木更津総合は左腕の吉鶴翔英投手も140キロ台の球を投げており、着実に成長を遂げている。2年時から4番を打った齋藤匠選手や、2年生の大西智也選手、山中海斗選手も1年時から出場をしており、打撃の成長に注目したい。

拓大紅陵はエースの竹内将悟投手が140キロ台をの球を投げ、130キロ中盤の球を安定して投げられる。そして2年生で180cmから140キロの球を投げる加藤光太投手が、来年のドラフト候補として期待される。同じく2年生の柏木勇人選手の走攻守でㇾ別の高いプレーも注目。

専大松戸も左のエース・西村卓真投手が、昨年の杉田智也投手のように安定感があり、中学時代に注目された2年生の右腕・深沢鳳介投手もチームのエース格になっている。評価の高い守備を見せる高崎大和選手は打撃も成長している。そして2年生の吉岡道泰選手は来年のドラフト注目選手になる可能性がある。

成田高校は古谷捕手のリードの元、140キロ台の球を投げる齊藤鳳介投手と根本優輝投手がおり、ショートの松本選手もこの二人以上の球を投げるといわれている。リードオフマンの吉田涼太選手も動きが良く注目される。

中央学院は1年夏に強い心臓で3年生とも堂々と対峙していた青木優吾選手が3年生となる。思い切りの良い打撃が魅力。打撃の良い加藤公翔選手、高い身体能力を見せる飯山志夢選手など戦力が厚い。

他に野手では、千葉明徳の松川拓実選手が、高い打撃技術に守備でも定評があり、長打力も経験もある選手。千葉黎明の佐久間康祐選手は1番ショートで出場し、攻守に俊敏さを見せる。東京学館船橋の須藤海人選手は守備に定評があり打撃も成長を見せる。

投手では千葉英和の多賀優斗投手が142キロのストレートを投げており、また加瀬夏純投手も140キロ台を記録するとのこと。成長が期待されている。市立柏の吉田直翔投手は、181cmから回転の良い130キロ中盤の速球を投げるという。東海大浦安の小口優太郎投手はダイナミックなフォームからの球に力がある。

また日体大柏には182cm右腕の宇田川飛馬投手、球速のある川口珠璃投手などがいるとのことで、確かに身長のある投手がブルペンで投げていた。夏の大会でどんな投手が出てくるか楽しみ。

2020年度以降-高校生-千葉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント