市和歌山の152キロ2年生・小園健太投手に広島、日本ハムなどスカウト絶賛

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

市和歌山で2年生ながら最速152キロの速球を投げる小園健太投手の投球に、智弁和歌山の選手の視察にきていた7球団10人のスカウトも絶賛をした。

来年のBIG3に

184cmの長身から152キロの速球を投げる小園健太がこの日、3-1とリードした2回から2番手としてマウンドに上ると、力強いストレートを投げ、プロ注目選手の並ぶ智弁和歌山打線を封じていった。

この日は最速は144キロ、「普段、緊張しないタイプですが、今日は結構しました。3年生は負けたら終わりだし、智弁が相手でもあるし」と話し、「直球がコントロールできていなかった。相手のアジャスト率も高かったし、自分の直球はまだまだ足りないと思った」と反省をしたものの、4回を投げて3安打1失点に抑えた。

特に今年のドラフト候補の細川凌平選手に対して、インコースに小さく食い込むカットボールで空振りを奪い、また同じ2年生で4番を打つ徳丸天晴選手に対しては、真っ向から勝負した。

この小園投手の投球について、視察に訪れていた7球団10人のスカウトから絶賛の声が挙がった。

中日・中田宗男アマスカウトアドバイザー:「フォームのバランスが良く、投げっぷりもいい。球速ももっと上がるだろうし、目玉になる可能性はある」

広島・鞘師スカウト:「来年は関西で目玉になるんじゃないですか」

北海道日本ハム・林孝哉スカウトも「球が強く、変化球もいい。来年がすごく楽しみ。」

日本ハムは吉村GMも視察に来ていたが、林スカウトは「いい試合を見てもらえたと思う」と話し、来年へのきっかけとなる試合となった。

小園投手は昨年夏の和歌山大会でも3試合に登板をしており、実績も十分ある。そして今年は夏までに体重を5kg増やして86kgとなり、体格も3年生に引けを取らないものになった。そして7月の練習試合で152キロを記録した。

来年の高校生投手では、高知の森木大智投手、明桜の風間球打投手、仙台育英の笹倉世凪投手、大阪桐蔭の松浦慶斗投手などがトップランク選手として見られ、豊作が予想されるが、右腕では森木投手、風間投手、そして小園投手がBIG3を形成しそうだ。

視察した7球団10人のスカウトは、来秋ドラフト候補の姿にクギ付けだった。中日・中田宗男アマスカウト・アドバイザーは「フォームのバランスが良く、投げっぷりもいい。球速ももっと上がるだろうし、目玉になる可能性はある」と絶賛。吉村浩GMとともに視察した日本ハム・林孝哉スカウトも「球が強く、変化球もいい。来年がすごく楽しみ。(吉村GMに)いい試合を見てもらえたと思う」と話した。

ネット裏では広島・鞘師スカウトが「来年は関西で目玉になるんじゃないですか」と話せば、吉村GMと共に視察した日本ハム・林スカウトも「すごく楽しみなピッチャー。(GMに)いい日を見てもらえたと思う」と笑顔。7月の大阪桐蔭との練習試合で自己最速の152キロを記録するなど将来性は抜群だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント