履正社・小深田大地選手は1打数1安打2打点、巨人・オリックスが視察

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

履正社は四条畷と対戦し、7回コールド8-0で勝利し強さを見せた。

打率10割キープ

プロ注目の小深田大地選手は3番として出場すると、3回1アウト2塁の場面でセンター前へのタイムリーヒットを打ち、他は犠牲フライと2四球で、1打数1安打2打点という内容だった。初戦も3打数3安打4打点1本塁打で、これで打率10割を記録、8打席で7回出塁をしている。

「長打を狙ってましたが欲を出したらだめだなと思って、センターを意識しながらですけど。しっかりセンター前を狙いました」と話した小深田選手は、サードの守備でも好守備をみせていた。

この日は巨人、オリックスのスカウトが視察をしたが、オリックスの乾スカウトは「少ないチャンスの中でも結果を出しているところは素晴らしい」と評価した。

また同じくプロが注目する関本勇輔選手はこの日は4打数1安打1打点、6回にタイムリー2ベースヒットを打った。しかし、「今日は打つタイミングが早く、打席の中で修正できなかった。1日あるので練習して臨みたい」と次戦までにさらに打撃の向上を掲げた。

大阪府高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
大阪府高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

初回は四球で出塁すると、1点リードの三回1死二塁の好機ではしっかりと中前適時打で追加点。「長打を狙ってましたが欲を出したらだめだなと思って、センターを意識しながらですけど。しっかりセンター前を狙いました」。四回は四球を選ぶと、六回1死二、三塁からは左翼への犠飛でチーム7点目を追加した。

 小深田は3回1死二塁で中前に適時打を放つなど1打数1安打2打点2四球だった。「全打席出塁が目標です」と次戦へ向けて意気込んだ。視察に訪れたオリックスの乾スカウトは「少ないチャンスの中でも結果を出しているところは素晴らしい」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント