福岡大大濠・山下舜平大投手が11回に151キロ、10球団スカウト「12人の中に入る」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

福岡県高校野球大会の福岡地区決勝で、プロ注目の福岡大大濠・山下舜平大投手が登板し、10回のタイブレークまでを無失点に抑えた。

丁寧な投球

この大会でプロのスカウトが追い続けた189cm93kgの右腕が、この日の決勝でその投球を披露した。

山下投手はゆったりとしたフォームから、がっしりとした下半身を使って腕を振り、球速は序盤から終盤までまんべんなく150キロ前後を記録、9回に150キロを記録すると、11回に151キロを記録した。

しかしその球で三振を奪うのではなく、制球良くコーナーにストレートとスライダーなどの変化球を投げ分け、打たせて取った。9回まで無失点、タイブレークに入った10回も、味方が点を奪えない状態で踏ん張り無失点に抑えた。

そして11回、味方が2点を奪ったがその裏にタイムリーを浴びサヨナラで敗れた。「悔しい。負けたのでダメダメです。勝てる投手になりたい」と話した。11回130球を投げて7安打4失点で自責点は1だった。

ドラフト1位指名へ

それでも、投げる球の力強さ、質は素晴らしかった。

この日は10球団16人のスカウトが視察をした。

巨人・水野投手巡回コーチ:「力強い。体格もいいし、伸びしろもある。高校生ではトップレベル」

中日・米村アマスカウトチーフ:「中1日でこれだけ投げれば12人の中に入る。素材は超一級品」

福岡ソフトバンク・永井編成育成本部長兼スカウト・育成部長:「将来性がある選手。完成した姿が想像できないぐらい可能性がある」

進路については「これから考えます」としたものの、この日登板したペイペイドームについて、「またこのマウンドに立ちたいか?」の質問に「はい、投げたいです」と即答した。

ドラフト会議では外れ1位までの12人に入ってくるだろう。1回目の入札で指名をしてくる球団もあるかもしれない。

いずれにしても将来は、そのチームのエースとして投げていそうなイメージが想像できる投手であることは間違いない。

2020年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 この日も10球団のスカウトが視察。スカウトを兼務する巨人・水野投手巡回コーチは「力強い。体格もいいし、伸びしろもある。高校生ではトップレベル」と評価。中日・米村アマスカウトチーフは「(準決勝から)中1日でこれだけ投げれば12人の中に入る。素材は超一級品」と絶賛し、ドラ1級との見解を示した。

10球団16人のスカウトが視察。中日の米村明アマスカウトチーフは「素材は超一級品。準決勝からの中1日でこれだけ投げたら(1位候補)12人の中に入る」と高く評価した。山下は進路について「これから考えます」と明言を避けた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント