智弁和歌山・小林樹斗投手が152キロ締め、7球団が視察し巨人・阪神・日本ハム・オリックスなど評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

和歌山県高校野球大会は智弁和歌山が優勝、プロ注目の小林樹斗投手が9回を三者連続三振で締めた。

152キロ記録

前日の日高戦では、151キロを記録したものの5安打をされた。相手バッターが何を狙っているのかを把握しないまま、ストレートで抑え込めると過信があった。

しかしこの日は、先頭打者にスライダーから入り、次にストレートを投げて反応がない所を確認して、「合っていない」と見極めてストレートで追い込む。そして最後は得意のスプリットで空振り三振を奪い。2人目の打者にも同じようにスプリットで三振を奪った。

最後のバッターは初芝橋本の4番・森本恵翔選手で、190cm100kg越えの強打者だが、ここで「最後だったので。相手も4番だったので、まっすぐでいこうかなと。今までやってきたことをすべて出し切るくらいの気持ちでした」と、これまでのすべての思いをぶつけ、自己最速を更新する152キロのストレートで追い込むと、最後は150キロのストレートで空振り三振を奪った。

10-1で優勝した。「1年からこの紀三井寺のマウンドで試合をさせてもらった。感謝の気持ちと、何が何でも勝とうと思ってマウンドに上がった」と話し、成長をした自分と変わらない球場を見つめていた。

7球団スカウト視察

この日は7球団のスカウトが視察した。

阪神・和田豊TA:「いいものを見たわ。三振を取りにいって取り切る。あれだけ腕を振ってコントロールがつくのは素晴らしいのひと言。球質が良く、後ろの資質もある。ドラフト上位の投手だと思う」

中日・中田アマスカウトアドバイザー:「リリーフの方が向いているからと、今はリリーフで使っているそうだ。球質が重そうで、直球を投げるときと変化球を投げるときのフォームの見分けがつかない。ドラフト上位は間違いない。高校生としては早い段階で出てくる素材だ」

オリックス・下山スカウト:「相手が直球だと分かっていても、まっすぐで空振りが取れる。低めにも投げられる。ワクワクさせてくれる投手だ。」

巨人・岸スカウト:「プロ入り1年目の後半か、2年目から戦力になりそうな印象がある。まっすぐで空振りが取れるのが魅力。」

日本ハム・林スカウト:「本塁ベース付近のボールが強いという特徴がある。この夏に向けて、状態がしっかり上がってきた。気持ちが入った投球で、中継ぎ、抑えタイプ。」

ドラフト上位指名は間違いなく、おそらく来年には1軍で投げているのではないかと思う。制球も悪くなく、球速も球質もよいストレートで勝負できる。短いイニングでチームを救う投手になりそうだ。

ネット裏で視察した阪神の元監督、和田豊球団テクニカルアドバイザーが「いいものを見たわ。三振を取りにいって取り切る。あれだけ腕を振ってコントロールがつくのは素晴らしいのひと言。球質が良く、後ろ(クローザー)の資質もある。ドラフト上位の投手だと思う」と話せば、中日の中田宗男スカウト顧問は「リリーフの方が向いているからと、今はリリーフで使っているそうだ。球質が重そうで、直球を投げるときと変化球を投げるときのフォームの見分けがつかない。ドラフト上位は間違いない。高校生としては早い段階で出てくる素材だ」と絶賛した。

▼オリックス・下山真二スカウト 相手が直球だと分かっていても、まっすぐで空振りが取れる。低めにも投げられる。ワクワクさせてくれる投手だ。
 ▼巨人・岸敬祐スカウト プロ入り1年目の後半か、2年目から戦力になりそうな印象がある。まっすぐで空振りが取れるのが魅力。
 ▼日本ハム・林孝哉スカウト 本塁ベース付近のボールが強い(球威がある)という特徴がある。この夏に向けて、状態がしっかり上がってきた。気持ちが入った投球で、中継ぎ、抑えタイプ。

「1年からこの紀三井寺のマウンドで試合をさせてもらった。感謝の気持ちと、何が何でも勝とうと思ってマウンドに上がった」

今大会は投げるたびに成長を感じさせた。大会前は148キロだった自己最速を4キロ更新。もちろん「(中谷監督から)配球面とか試合の中で打者の見方、反応の仕方とか、その場その場で教えていただけた」と振り返るように、球速だけが持ち味ではない。2死までを変化球で三振に仕留めたように、打者との冷静な駆け引きも武器だ。

この日は7球団が視察。阪神和田テクニカルアドバイザーは「すばらしい。あれだけ腕振ってコントロールもできているし、とにかく球の質も良い」と絶賛した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント