甲子園交流戦出場、花咲徳栄の井上朋也選手のスカウトの評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース メジャーリーグ

花咲徳栄の4番・井上朋也選手は、最後の夏は2打数ノーヒットに終わり、最後の戦いとなる埼玉大会へと向かう。

甲子園

井上朋也選手にとって甲子園はどのような場所だっただろう。1年生の夏に7番ライトで出場し、鳴門戦で5打数3安打2打点の活躍を見せた。しかし、2回戦の横浜戦では5打数ノーヒット2三振、9回に2点を追い上げ、なおもチャンスが続く場面で打席に入り、三振に倒れ、先輩の前で号泣した。

昨年は4番バッターとして出場をするも、初戦で明石商と対戦し、中森投手に4打数1安打に抑えられた。

3度目の甲子園は1試合のみの交流戦だったが、相手はプロ注目の大分商・川瀬投手、昨年は2年生の4番として、3年生のためにという思いが強く、コンパクトにヒットでつなごうという打撃に見えたが、この日は、1試合のみということでホームランを狙う目をしていた。

初回は四球で歩かされ、第2打席、第3打席はサードゴロとサードフライに打ち取られる。「ずっとカーブ」と変化球攻めにあったが、「打てる球もあった」と話し、「甘い球を仕留め切れませんでした。ホームランを打つに越したことはないですが、打てなかったのは今の実力だと思っています」と話した。鋭い振りからレフトの応援席に入るファウルも打ったが、強い当たりはそのくらいだった。

それでもスカウトからは、1位候補という声も聞かれた。

中日・正津スカウト:「ホームラン打者というよりは、前でさばくパンチショットのソフトバンク・松田タイプ。それでも、当たったらどこまでも飛ぶ。2位までには消える。12人に入ってくる可能性もある」

東京ヤクルト・伊東編成部長:「スイングの軸がぶれないし、右打ちの内野手として注目している。」

カンザスシティロイヤルズ・大屋国際スカウト:「自分の打ちたいタイミングで打てる。自分でお膳立てできるため、来る球に合わせて減速せずにフルスイングする。思い出すのは横浜、巨人で活躍した村田修一。東福岡では本塁打を打つタイプではなかったが、タイミングの取り方がうまく、プロでは本塁打王になった。」

甲子園の大舞台でホームランを打つことはできなかったが、甲子園について井上選手は、「甲子園のヒット1本は、練習試合でいくら打っても追いつかないくらいの1本。大きく成長させてくれる場だった」と話す。この日はノーヒットだったものの、それでもまた一つ成長をしたのではないかと思う。

花咲徳栄はこれから埼玉大会を戦う。最後に埼玉を制し、そこでホームランを見せてほしい。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

練習などを視察している中日・正津スカウトは「ホームラン打者というよりは、前でさばくパンチショットのソフトバンク・松田タイプ。それでも、当たったらどこまでも飛ぶ。2位までには消える。(1位指名の)12人に入ってくる可能性もある」と評価した。

4番に座る高校通算50発の花咲徳栄・井上朋也は、ともに宣誓を行った大分商の好投手・川瀬に2打数無安打、2四球。期待されたアーチは描けなかった。「甘い球を仕留め切れませんでした。ホームランを打つに越したことはないですが、打てなかったのは今の実力だと思っています」と謙虚に振り返った。

また、花咲徳栄の4番・井上君は、自分の打ちたいタイミングで打てる。自分でお膳立てできるため、来る球に合わせて減速せずにフルスイングする。思い出すのは横浜、巨人で活躍した村田修一。東福岡では本塁打を打つタイプではなかったが、タイミングの取り方がうまく、プロでは本塁打王になった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント