履正社が猛打で星稜に勝利、関本勇輔選手、小深田大地選手などそれぞれの道へ

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

昨年の甲子園の決勝戦のカードとして注目された履正社vs星稜の試合は、10-1と大差をつけて履正社が勝利した。

スポンサーリンク

実力の差を見せる

昨年の夏の覇者履正社は、今年は昨年よりもさらに完成度を増したチームだった。大阪大会では、好選手をそろえる大阪桐蔭を圧倒し、この甲子園でも履正社を圧倒した。

エースの岩崎峻典投手は昨年よりストレートの強さも増し、スライダー、カットなど変化球も磨かれた。それをリードする関本勇輔捕手は、5回、6回、7回と星稜の二盗を、それぞれ素晴らしい送球でアウトにすると、打席で5打数2安打1打点の活躍を見せた。

小深田大地選手はホームランこそなかったものの、2回の2アウト満塁の打席で、外角低めの変化球を何とかバットに当てると、その力で打球はピッチャーの頭を越え、センターへと抜けていく。会心の当たりではないが、このタイムリーでこの回、一挙6点を奪い、星稜を圧倒した。

もし、例年通り、高校野球の春の大会、夏の大会が行われていたら、履正社は無敗で終えたのではないかと思う。それだけ、昨年夏の優勝を経験した選手が成長し、そしてさらに内星龍投手など新戦力が充実していた。

幻の甲子園2連覇チームは、惜しくもこれで解散となる。6月に関本選手、小深田選手、内投手がプロ志望を表明しており、関本選手は「野球を続けて、また甲子園の土を踏めたらと思います」と話した。

また小深田選手は「まだこのチームで試合がしたいというのが本心ですが、これからはそれぞれがしっかり自分の目標に向かって進んでいけるように」と話した。

またプロ志望届を提出しなかったが、外野手の田上奏大選手は大学に進学をする。185cmの大型遊撃手で、投手としても、6月の大分商や智弁和歌山との練習試合で151キロを記録する。中日の中田スカウト顧問は「センターからのバックホームはビックリするような球を投げる。練習試合の登板を2度見た。簡単に150キロを出すんだ。打撃を含め、すべてが素材の選手」と話し、将来性に注目している。

手にできなかった2度目の栄冠は、それぞれの道の先で手に入れることができる選手たちだろう。

履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

6月末にはプロ志望の考えを明らかにしており、「野球を続けて、また甲子園の土を踏めたらと思います」と話した。

「まだこのチームで試合がしたいというのが本心ですが、これからはそれぞれがしっかり自分の目標に向かって進んでいけるように」

185センチ、83キロ、右投げ左打ちの外野手だが、投手も兼務する。大阪独自大会の直前にあった大分商、智弁和歌山との練習試合ではいずれも151キロを計測。中日の中田宗男スカウト顧問は「センターからのバックホームはビックリするような球を投げる。練習試合の登板を2度見た。簡単に150キロを出すんだ。打撃を含め、すべてが素材の選手」と評価。プロが注目するポテンシャルを秘めている田上は大学に進学して「投手として4年後のプロ入りを目指します」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント