浦和実・豆田vs埼玉栄・内田、146キロ右腕と148キロ右腕の対決に6球団視察

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

埼玉県高校野球大会では、浦和実vs埼玉栄の試合が行われた。この試合は146キロ右腕・豆田泰志投手と148キロ右腕・内田了介投手の投げ合いが予想され、スタンドには6球団のスカウトが視察に訪れた。

試合前に両者が言葉を交わす

埼玉を代表する投手同士の対戦、試合前に豆田泰志投手と内田了介投手は、裏で顔を合わせ、内田投手は「絶対に負けないからな」と話しかけたという。

埼玉栄は前の試合で登板をせず体力を温存できていた内田了介投手が先発すると、初回から142キロのストレートで2つの三振を奪う上々の立ち上がりを見せた。しかし3回、先頭バッターに143キロを記録しながら四球を与えると、続くバッターのバントを処理で内田選手が2塁に悪送球、その後、1アウト2,3塁とされ、センター前ヒットで2点を失った。しかし4回は2つの三振を奪うと、7回には気迫の投球で三者三振を奪った。球速は145キロを記録し、炎天下の中で試合が進むにつれて球威が増していった。

一方、豆田投手は6回1アウト1,2塁の場面でリリーフ登板すると、最初のバッターに141キロ、140キロのストレートで投ゴロに打ち取った。しかし、「高めのストレートが見逃されることが多くなった」と話し、抑えれば勝利という7回裏に同点ホームランを浴びた。その後も四死球とヒットで2アウト満塁となったが、ここで144キロのストレートで空振り三振、気迫の投球を見せた。

試合はタイブレークとなり、7回は内田選手が1アウト2,3塁とされるも、145キロのストレートでサードフライに打ち取り抑える。その裏、豆田投手も無失点に抑え両エースの気迫の投球が続く。しかし8回表、ここまで投げてきた内田投手が犠牲フライと3ベースヒット、単打で3点を失い、その裏に1点を返したものの5-3で決着した。

プロ志望

内田投手は「豆田はライバルだと思っていた」と話し、「負けて悔しい」と話した。プロ志望届をすでに出していると話し、この日、高野連のHPに掲載された。プロでの姿について聞くと、「地元福岡のソフトバンク・千賀投手」を目標とし、プロでも豆田投手について「同じチームでも違うチームでも意識していく」と話した。

視察とした北海道日本ハムの今成泰章スカウトは「投げるたびによくなっている。球の筋もいいし、ボディーバランスもいい」と話し高評価、今後、プロ志望高校生合同練習会に参加する予定で、そこでその力が全国区となる。

また豆田投手は「球のキレはあった」と話し、勝利を喜んだ。内田選手については「意識していた。いい投手なので負けたくなかった」と話し、タイブレークで勝ったことは「高校で一番思い出になる」と話した。得意のストレートの他に変化球を磨き、投球の幅を広げている。埼玉NO.1を目指し戦いは続く。

色々な状況から、内田投手はドラフト会議で指名されると思う。合同練習会でさらに評価は高まっていく思う。

2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
埼玉県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
埼玉県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

ネット裏では6球団のスカウトが視察したが、日本ハムの今成泰章スカウトは「投げるたびによくなっている。球の筋もいいし、ボディーバランスもいい」と評価した。内田は「ここからが勝負。福岡出身でもあり、ホークスの千賀さんを目指したい」と誓った。

15日の大宮東戦では気温38度の炎天下で148球を投げ、中1日で臨んだこの日も「疲れはありました」と素直に明かしたが、刺激になったのは相手のプロ注目右腕・内田了介(3年)の存在。「意識しました。いい投手なので負けたくなかった」と言葉を強めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント