白樺学園・片山楽生投手は進路は「進学かプロ志望か五分五分」、北海道日本ハムが評価

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

最速148キロの速球を投げる白樺学園の片山楽生投手が、甲子園でプレーをした。

スポンサーリンク

142キロ止まり

この日の山梨学院戦は、先発をしたものの球速は142キロ止まり。3回の打席で右腕に死球を受けたものの、5回まで投げて4安打4奪三振2失点に抑えた。「腕の力が入らなくなったが、最後のマウンドだし気持ちで投げた」と話した。

今年は最速148キロまで球速を伸ばしたものの、北北海道大会ではクラーク国際に打ち込まれた。それを踏まえて甲子園では、「北大会では145キロを出しても簡単にはじきかえされたので、速さより制球や変化球をどう織りまぜるかで勝負した」と、変化球と制球を重視した投球を見せた。

視察した北海道日本ハムの大渕スカウト部長は「150キロ近く出て調子がいい時も見ています。今日のスピードはそんなに出てませんが、本来のもっといい時を見ています。今日の結果だけで判断はしません。体のバランス、キレもある。これからの選手」と高く評価をしている。

片山投手は今後について、「監督や両親と話し、どうしたいか考えたい。今の時点では進学かプロ志望か五分五分。落ち着いたらゆっくり甲子園の映像も見直したい」と話し、今後、進路を決めていく。

球速が130キロ台でも伸びのある球を投げ、しっかりとコントロールした球を投げる。北北海道大会、この日の甲子園はやや物足りなさもあるが、球の伸びはすごく感じた。プロ志望届を提出し、北海道日本ハムが5位前後で指名をするのではないかと思う。

2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

視察した日本ハムの大渕スカウト部長は「150キロ近く出て調子がいい時も見ています。今日のスピードはそんなに出てませんが、本来のもっといい時を見ています。今日の結果だけで判断はしません。体のバランス、キレもある。これからの選手」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント