昌平2年・吉野創士選手が35号ホームラン、120m特大弾

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

来年のドラフト候補として注目される昌平の吉野創士選手が、推定120mの特大ホームランを放ち、高校通算35号とした。

スポンサーリンク

レフトオーバー

秋季埼玉大会準々決勝の川越東戦で3番センターで出場した吉野創士選手は、初回、1アウト2塁の場面で打席に入ると、外角低めのスライダーすくい上げ、打球はレフトのフェンスを越える、推定120mの特大ホームランとなった。「得意なゾーンをうまく打つことができた」と話した。

夏の埼玉代替大会では、3年生だけで戦う方針だったが、3年生達から吉野選手をメンバーに入れて欲しいと監督に申し出があり、夏の大会も2年生で唯一出場をした。決勝戦まで勝ち上がったものの、決勝の狭山ヶ丘戦では第1打席の好機に三振に倒れるなど結果をだせなかった。

この日はその第1打席結果をしっかり残し、「何としても先制点、というのは夏に学んだことです。」と話した。この日は5打数3安打4打点と、引退した3年生の思いに応える活躍を見せた。

2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

初回1死二塁から外角低めのスライダーをすくい上げ、左越えに先制弾。推定飛距離120メートルの特大アーチを「得意なゾーンをうまく打つことができた」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント