愛工大名電・濱田達郎投手、練習試合で5回8奪三振!

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

  愛工大名電が近大付、神戸国際大付と練習試合を行い、147km左腕・濱田達郎投手は近大付戦で先発すると、5回を投げて2安打無失点、奪った三振は8つと高校BIG3として貫禄のピッチングを見せた。

 濱田投手は昨年の秋季大会で2試合連続ノーヒットノーランを記録、準決勝の至学館戦でも1安打完封勝利を挙げるなど、圧巻のピッチングを見せてプロもドラフト1位候補として評価している。明治神宮大会でも4試合で40奪三振を驚異の三振奪取率を見せるなど、ストレートとスライダーのキレは高校NO1左腕と言える。

 センバツ大会では花巻東の大谷翔平、大阪桐蔭の藤浪晋太郎と共に注目の投手だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 一度見たことがあるが、見た目の迫力は大谷、藤浪だと思うが、まとまりでは濱田かな。

  2. 大野投手のようにドラゴンズの1本釣りかしら?

    録画しても見たい投手だな♪