神戸国際大付の145キロ右腕・阪上翔也投手が9回3安打2失点完投

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

来年のドラフト注目選手、神戸国際大付の145キロ右腕・阪上翔也投手が、いよいよ背番号1をつけて登板をした。

スポンサーリンク

打撃も注目

阪上翔也投手は180cmの本格派右腕で最速145キロの速球を投げる。しかし「自分的にはバッティングの方が好き」と、打撃でも通算11本塁打を放つなど主軸を任されており、兵庫大会では背番号8を付けていた。

この日の近畿大会1回戦・近江戦では背番号1を付け、阪上投手が先発した。3回にボークなどで先制点を与え、「調子はあまり良くなかった。三振を取ることは考えず、打たせて取ることを意識して投げた」と打たせて取る投球を見せると、その後は安定した投球を見せ、9回3安打8奪三振2失点で完投勝利を挙げた。

また打撃では兵庫大会はわずか2安打に終わっていたが、この日は5番で出場して4打数2安打、「近畿大会では絶対に打つつもりでした」と話した。

次は京都国際との対戦で、この試合に勝利すれば甲子園出場が濃厚となる。145キロ右腕・阪上選手の投打に注目したい。

2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。
2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この大会では5番を打ち、先発登板。「背番号1をつけることは分かっていた」と自覚も持っていた。3回に中越え二塁打からボークで先取点を与え、同点にしてもらった直後の6回は外野の芝生でイレギュラーする不運な二塁打で再び勝ち越しを許した。それでも、スライダーが抜けたり苦しんだものの、7回からは反撃を食い止めた。被安打3、8奪三振の力投に「調子はあまり良くなかった。三振を取ることは考えず、打たせて取ることを意識して投げた」と振り返る。

先発したプロ注目右腕・阪上翔也投手(2年)が9回3安打2失点8奪三振にまとめ、逃げ切った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント