191cm左腕の八王子学園八王子・羽田慎之介投手が144キロ記録、巨人スカウト「阪神・及川と似ている」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

秋季高校野球東京大会では、八王子学園八王子の191cm左腕・羽田慎之介投手が144キロを記録し、視察した巨人のスカウトが高く評価をしている。

スポンサーリンク

8回4安打3失点

羽田慎之介投手は191cmの身長のある左腕投手。この日は都立富士森戦に先発すると、3回にホームランを浴びるなど序盤に3失点し苦しんだ。

しかしストレートは144キロを記録し、得意のスライダーの制球ができなかったものの、「チェンジアップやカーブなど他の変化球でストライクが取れた」と他の変化球を用いてカウントを稼ぎ、力のある球を投げ込んだ。

4回以降は1安打に抑えるピッチングで、8回4安打10奪三振3失点。「先頭を出してしまって流れを持っていかれた。四死球も多かった。まだこれからとはいえ、もう2年秋なので焦りもあります」と話したものの、まずまずの滑り出しで初戦を突破した。

この日は巨人の青木スカウトが視察をしたが、「真っすぐが良い。直球とフォームが阪神及川と似ている。体幹など身体が強くなればもっと良くなると思う。素材的にすばらしい、楽しみしかない。将来性は凄いものがある。打撃も良く野球センスを感じさせる。」と素材を絶賛した。

これだけの大きな左腕で球速もこの時期にしっかりと出ている。来年はかなり注目される存在となりそうだ。

2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。
2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

191センチの長身と長いリーチから投じられる伸びのある直球が武器。この日は与四死球8とやや制球にばらつきこそあったが、最速144キロをマーク。潜在能力の高さを感じさせる投球だった。スタンドで視察した巨人の青木高広スカウトも「素材的にすばらしい。楽しみしかない。直球とフォームが阪神及川と似ている。体幹など身体が強くなればもっと良くなると思う」と評価した。

視察した巨人・青木高広スカウトは「真っすぐが良い。将来性は凄いものがある。打撃も良く野球センスを感じさせる」と評した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント