選抜高校野球大会第7日目

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 センバツ大会も第7日目、ベスト8を決める対戦となります。

 1回戦で天理を相手に足でかき回し9得点を上げた健大高崎が九州王者・神村学園と対戦する。神村学園・柿澤投手は1回戦でリリーフで登板し4回2安打6奪三振無失点の好投を見せた。健大打線と柿澤投手の対戦に注目。

 作新学院は悪天候の中で大谷が終盤に復活の投球を見せ、熱いエースに火が灯った。どんなピッチングを見せるのか楽しみ。

 また光星学院は北條、田村の強打線ではなくエース城間の完封で3-0で勝ちあがった。田村が体調不良で心配だが、昨夏準優勝・明治神宮大会優勝の実力を見せそうだ。

健大高崎(群馬県) 神村学園(鹿児島県)
三木敬太投手3年 170cm68kg 左左130km/hもキレのある速球で関東大会2試合連続完封!柿澤貴裕投手3年 176cm74kg 右左制球に課題も145km/hを記録する投手
明治神宮大会でも4回からロングリリーフし好投を見せた
注目
         

 

鳴門(徳島県) 作新学院(栃木県)
     大谷樹弘投手3年 180cm83kg 右左昨夏甲子園ベスト4の右腕!141km/hの重いストレート注目
夏の疲れで秋は本調子を出せなかった
注目
     高山良介外野手3年 180cm85kg 右右チームNO1の強肩だが捕手を山下にゆずり打撃に専念
秋季大会の横浜高戦で2ランホームランを放つ
     山下勇斗捕手2年 173cm70kg 右右強気のリードで昨夏甲子園ベスト4の立役者!
小柄だが5番を打つ
注目

 

近江(滋賀県) 光星学院(青森県)
     北條史也遊撃手3年 177cm73kg 右右明治神宮大会でタイブレークからサヨナラ満塁弾。
巨人・坂本2世とプロも高評価の4番遊撃手。
プロ
注目
     田村龍弘捕手3年 172cm78kg 右右小柄だが飛距離十分のパワーで中学時代65本塁打。
高校でも1年から主軸を打ち通算28本塁打。プロ注目
プロ
注目
     金沢湧紀投手3年 174cm80kg 右右明治神宮大会準決勝の鳥取城北戦で4安打13奪三振完封
145kmを記録した力のあるストレートに注目
注目
     城間竜平投手/
二塁手
3年 171cm75kg 右右171cmと小柄で野手投げだが制球良くコーナーに投げられる
MAX138km/h。普段はセカンドを守る
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント