享栄の148キロ右腕・竹山日向投手が市和歌山を7回3安打8K1失点、中日スカウトが評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツに出場する市和歌山と享栄と練習試合を行い、享栄の148キロ右腕・竹山日向投手が、市和歌山の152キロ右腕・小園健太投手と投げ合った。竹山投手は7回3安打8奪三振1失点の好投を見せた。この試合には中日、阪神、東北楽天など4球団6人のスカウトが視察している。

スポンサーリンク

投げ合い

享栄の竹山日向投手は182cm84kgの右腕投手で、最速148キロのストレートにスライダーなど沈む球が抜群で、プロのスカウトが注目する投手。この日は世代NO.1とも言われる市和歌山の152キロ右腕・小園健太投手と投げあった。

竹山投手は鋭いスライダーを武器に、序盤から空振り三振を奪い、7回を投げて3安打8奪三振で1失点に抑えた。最速は143キロだった。「前日から監督にも投げ合いになると思うと言われて、そこを意識して、まずは投球からリズムを作ろうと。ピンチで要所を抑えられた」と話す。

この日は4球団のスカウトが視察に訪れたが、中日の山本スカウトは「いい投手。スライダーの曲がりも大きい」と評価した。竹山投手はプロ入りを目指しており、この日の投げ合いで結果を残したことで大きなアピールとなった。それでも小園投手について「自分と違って変化球の精度がものすごくて、三振が取りたい時に徹底的に低めに投げられる。そこはマネしないといけない」と話した。

享栄は他にも146キロを記録する菊田翔友投手、肥田優心投手の二人もいる。この日は8回、9回は肥田投手が登板し、2回を無失点に抑えている。速球派投手の揃う享栄は今年、非常に注目される。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
享栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

享栄はプロ注目で最速148キロ右腕の竹山日向投手(2年)が先発し、7回1失点と好投した。スライダーを生かし、序盤から空振り三振を量産。8奪三振だった。「前日から監督にも(小園と)『投げ合いになると思う』と言われて、そこを意識して、まずは投球からリズムを作ろうと。ピンチで要所を抑えられた」。楽天岸を手本にする。速球が最大の武器でプロ志望だ。中日山本スカウトも「いい投手。スライダーの曲がりも大きい」と評した。

センバツ出場は逃したが、高卒でのプロ入りを志望しており「(小園は)自分と違って変化球の精度がものすごくて、三振が取りたい時に徹底的に低めに投げられる。そこはマネしないといけない」と、さらなるレベルアップを誓った。

今秋ドラフト候補の148キロ右腕、享栄・竹山日向(2年)が先発し7回3安打1失点と好投した。4回1死では同候補の松川虎生(こう)を得意のスライダーで空振り三振に仕留めるなど9奪三振。最速143キロを計測した。「ピンチになっても要所で抑えられた」と胸を張った。小園については「自分と違って、変化球の精度がものすごく良くてまねしないといけない」と今後への収穫も得た。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント