立花学園の147キロ右腕・永島田輝斗投手が登板し、北海道日本ハムが視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

立花学園がセンバツに出場する東海大菅生と練習試合を行い、立花学園の147キロ右腕・永島田輝斗投手が2番手で登板した。この日は北海道日本ハムのスカウトが視察に訪れた。

スポンサーリンク

147キロ右腕

永島田輝斗投手は181cm82kgの右腕投手で、中学時代は捕手だったが、立花学園に入学すると、「投げ方がキレイだった」と志賀監督に投手転向をアドバイスされ転向した。1年時は135キロだったが、立花学園の科学的トレーニングにより、現在では147キロを記録している。

永島田投手はまだ公式戦での登板は無い。この日はセンバツに出場する東海大菅生との練習試合で、2回2アウト1塁の場面で登板をしたが、いきなり140キロを越す球を投げた。6回には2ランホームランを浴びるなど4回1/3を投げて5安打4失点、「低めには投げられましたが、うまくすくわれました。直球で抑えることはできたけど、変化球をしっかり投げないと打たれてしまう」と反省をした。

まだ実戦が少ないが、これから経験を積んで磨かれてゆけばおもしろい。この日は北海道日本ハムの坂本スカウトが視察に訪れるなど、すでにプロ複数球団も注目をしている。永島田投手は「150キロを出せるようになりたい。神奈川で頂点をつかみたいです」と夏へ意気込みを見せた。夏の投球が楽しみ。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
立花学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日は、2回2死一塁で登板。投球練習で、セットから、いきなり140キロオーバーを記録した。ボール先行が目立ったが、強打の東海大菅生打線を直球で押し込む場面も。ただ、6回にはカーブを左越えに運ばれる2ランを浴びた。「低めには投げられましたが、うまく、すくわれました。直球で抑えることはできたけど、変化球をもっと磨いていきたい」と話した。

この日の練習試合は日本ハム・坂本晃一スカウトが視察するなど、プロ球団から注目を集めるまでになった。永島田は「150キロを出して神奈川でNo.1になりたい」と目標を掲げる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント