2021センバツ出場、三島南の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は三島南高校。

三島南の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:前田銀治中堅手

180cm90kgの体から高校通算18本塁打の長打力があり、50m6.2秒の足で攻守にスピードのある選手。投手としても139キロを記録し、リリーフとして力で抑える。

注目度C:斎藤崇晃外野手

50m6.0秒の俊足選手で、1番バッターとしてヒットや四球で出塁し盗塁もできる。昨秋は静岡・高須投手から2安打1打点。

注目度C:植松麟之介投手・2年

軟投派のサイドハンド投手。昨秋は静岡高戦で9回6安打1失点と完投、四死球が少なく隙きのない投球が見事にハマった。

注目度C:小堂湧貴三塁手

172cm88kgの三塁手。強いスイングができる選手で昨秋は打率.353を記録した。

注目度C:深瀬暖人遊撃手・2年

ショートの守備と、四死球などで出塁して盗塁を決める足で勝利に貢献する。

注目度C:富岡創外野手・2年

180cm84kgの体のある選手でパワーある打撃とともに、投手としても登板する。

注目度C:長島颯汰捕手・2年

184cm99kgと恵まれた体のある選手。どんな力があるか出場したらチェックしたい。

チーム

投手はサイドハンドでコントロールの良い植松投手が先発し、四死球を許さない投球で打たせて取っていく。終盤になると前田投手が出てきて130キロ後半の力のある球でねじ伏せる。

攻撃は3番・前田選手がキーマンで、4番の小堂選手も打力があり簡単には歩かせられない。1番・斎藤選手の出塁と、主軸が出塁した時に下位打線でホームに返せるか。4番まで俊足の選手がそろい、足を使った攻撃も見せる。

守備はセンター・前田選手を中心に外野は足のある選手で守れる。2年生の捕手・深瀬涼選手、遊撃手の深瀬暖選手が守備のカギ。

打線が4点を奪い、投手が3点までに抑えるかが勝敗のラインとなりそう。守備でほころびが出ないようにして粘りたい。

三島南高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント