スポーツ紙各紙が挙げるセンバツ注目選手、プロスカウトの評価も

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

今日開幕するセンバツ高校野球大会、スポーツ紙各紙が大会注目選手を挙げている。プロのスカウトの評価をも掲載されている。

スポンサーリンク

BIG4

やはり注目されるのは、大会BIG4と呼ばれる市和歌山・小園健太投手、大阪桐蔭の松浦慶斗投手、関戸康介投手、中京大中京の畔柳亨丞投手の4人。小園投手は184cm90kgから152キロの速球を投げ、松宇田投手は185cm92kgの大型左腕で150キロ、関戸投手は154キロを記録し、畔柳投手も151キロを記録する。

このBIG4に続くのが193cmから146キロの速球を投げる天理・達孝太投手、145キロ左腕の北海の木村大成投手、147キロの変化球投手・伊藤樹投手、145キロ右腕の神戸国際大付・阪上翔也投手、145キロ右腕の聖カタリナ・櫻井頼之介投手、長身左腕でスタミナ十分の明徳義塾・代木大和投手と東海大相模の石田隼都投手、東海大菅生・本田峻也投手も143キロを記録する左腕。

これらの投手と対戦する野手も注目される。小園投手と初戦で対戦する県岐阜商は、捕手の高木翔斗選手の打撃が抜群だが、市和歌山も松川虎生捕手がおり、プロ注目捕手同士の対戦となる。大阪桐蔭の松浦投手、関戸投手と対戦する智弁学園は左の大砲・前川右京選手がいるが、大阪桐蔭にも池田陵真選手ががおり、スラッガー対決となる。

前川選手には阪神の山本スカウトが「高校生の左打者ではトップクラス。大坂桐蔭の投手にどう対応するか見たい」と評価、高木選手には巨人の榑松スカウトは「攻撃型の捕手。リストが柔らかく長打力が魅力。送球の正確性がある」と評価する。

他にも天理の瀨千皓選手、宮崎商の中村碧人選手、敦賀気比の大島正樹選手と前川誠太選手、常総学院の三輪拓未選手もプロ注目の選手。前川選手に広島・高山スカウトは「ポテンシャルが高いし、まだまだ伸びしろがある。守備力も高い。体が出来てくれば面白い」と評価し、三輪選手に横浜DeNAの稲嶺スカウトが「一番の特徴はバッティング。パンチ力がある」と評価する。他にも東海大相模の遊撃手・大塚瑠晏選手の名前も挙がる。

2年生では東海大甲府の2年生・猪ノ口絢太選手も注目される。

2021センバツ高校野球大会の対戦カードと注目選手一覧
3月19日から行われるセンバツ高校野球大会の、対戦カードと注目選手の一覧です。

中日ドラフト1位の高橋宏斗の1年後輩である中京大中京(愛知)の畔柳亨丞投手(3年)は、高橋監督が「球の力は畔柳の方が上」と認める151キロ右腕。昨夏の甲子園交流試合でも好投した東海大相模(神奈川)・石田隼都投手(3年)もドラフト候補左腕。193センチの長身を誇る天理(奈良)の達(たつ)孝太投手(3年)もプロ注目の好素材だ。

いずれも最速150キロ超をマークする中京大中京の畔柳(くろやなぎ)に、市和歌山・小園、大阪桐蔭の松浦&関戸の4人が「BIG4」を形成。関戸と小園は、6日に解禁された練習試合ですでに150キロを計測。この4人には、星稜・奥川(現ヤクルト)らがマークしたセンバツ歴代最速となる153キロの更新に期待がかかる。

智弁学園・前川左打者トップ級、県岐阜商・高木打てる捕手 スポーツニッポン紙面 2021/3/19

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント