9球団注目の三島南・前田銀治選手は25日に初戦、「今は育成指名でもプロに行きたい」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

春季高校野球の組み合わせが決定し、前田銀治選手が注目されたセンバツ出場校・三島南は25日に登場する。

スポンサーリンク

センバツで評価上昇、9球団から視察の申し出

出場したセンバツ大会、鳥取城北との1回戦で敗れたものの、大きな体で、逆方向のライトフェンス直撃の強烈な打球を見せた前田銀治選手には、視察したスカウトも多いに注目した。

もともとはプロ入りを視野に入れながらも進路については多く語っていなかったが、センバツでプロのスカウトが高く評価した事を受けて、「プロに挑戦したいと思っている。きっかけを作れてよかった。今は育成指名でも行きたい」と話している。

投げても143キロを記録する強肩があり、高校通算は24本塁打を記録している。まだ公式戦でのホームランは0本だが、プロ入りを掴むために公式戦でのホームランを狙う。静岡高・高須大雅投手、掛川西・沢山優介投手といった所と対戦すれば、プロのスカウトも大勢来ることになりそうで、そこで結果を出せれば更にプロ入りが近づく。

ただし目標は「一戦必勝で必ずシード権を取ります。夏は勝ち取って甲子園に行きたい」と夏のシード権獲得だ。夏に再び甲子園に出場してアピールをするために、全力で戦う。

2021年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「プロに挑戦したいと思っている。(センバツで)きっかけを作れてよかった。今は育成指名でも行きたい」。すでに9球団から視察の申し出があったという。夢に近づくためにも、まずは今春、16年以来となる夏のシードを目指す。「一戦必勝で必ずシード権を取ります。夏は勝ち取って甲子園に行きたい」と力を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント