関西国際大の152キロ右腕・翁田大勢投手「プロ野球の方に行きたい」、スカウト「体が大きく馬力ある」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

関西国際大の152キロ右腕・翁田大勢投手がこの秋のドラフト会議で注目されそうだ。

スポンサーリンク

阪神2軍戦でアピール

翁田大勢投手は181cm92kgの体から最速152キロの速球を投げる投手で、この春に阪神2軍と対戦すると、4回で2失点も150キロを連発し、1軍で実績のある中谷将大選手から三振を奪うなど5奪三振を記録してアピールした。

常時140キロ後半を記録するストレートは、回転数も2500回転を記録する。西脇工時代は高校通算14本塁打のパンチ力も見せており、現在も打球速度で159キロを記録するが、大学にはいりスリークォーターにして球速が一気に伸び、投手として注目されている。

在阪球団のスカウトは「粗削りだが、体が大きく馬力もある」と話し、阪神の山本スカウトは「上位候補になってくると思います」と評価をしている。翁田投手も「プロ野球の方へ行きたいと思っています」とプロ志望をしており、この秋はドラフト上位候補として注目されるくらいになってそうだ。

チームから新型コロナウイルスの感染者が出たため、春季リーグの第1節、第2節の出場辞退となり、大学野球選手権出場は絶望的となったが、残りのリーグ戦で痕跡を残し、秋へとつなぎたい。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

3年秋に発症した右肘の違和感も完治し、満を持して臨む大学ラストイヤー。希望進路は「プロ野球の方へ、行きたいと思っています」と照準を定めている。在阪球団スカウトも「粗削りだが、体が大きく馬力もある」と評価する逸材。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント