146キロ右腕、浦和学院の三奈木亜星選手が投打に活躍、5球団スカウト視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

浦和学院のプロ注目・三奈木亜星選手が投打に活躍を見せ、5球団のスカウトにアピールをした。

スポンサーリンク

二刀流

三奈木亜星選手は最速146キロの速球を投げる投手で、また50m6.2秒の足と遠投120mの肩を持つ野手としても注目されている。1年の秋に背番号1を着けるなど期待をされていたが、昨年は伸び悩みもありベンチ入りからも外れていた。

春季大会ではベンチ入りしこの日も5番ライトでスタメン出場すると、打っては2安打1打点を記録した。また5回から登板すると、2回を投げて2安打4奪三振1失点と力を見せた。「準備の面で最初からうまくいきませんでしたが、投打両方でチームの勝ちにつながれば」と話した。

この三奈木選手にはプロも注目しているが、この日も5球団のスカウトが視察に訪れていた。1年時に見た球威ある投球は、投手として評価をしていたが、現時点でどちらで評価されているかが気になる所だが、進路についても注目される。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

投げては先発のエース左腕・宮城誇南(2年)が先発して4回を2安打、5奪三振、無失点。5回からは最速146キロのプロ注目右腕・三奈木亜星(3年)が登板し、2安打、4奪三振、1失点。打っても2安打1打点と5球団のスカウトの前で能力の高さをみせた。「準備の面で最初からうまくいきませんでしたが、投打両方でチームの勝ちにつながれば」と三奈木。背番号は9だが、1年秋は1番を背負っていただけに「もう一度エースとして投げたい」と誓った。

投げては五回こそ2四球と制球を乱して失点したが、直球を中心に最少失点で切り抜けた。今大会は背番号9ながら、甲子園春夏通算23度出場の名門で1年秋にエースナンバーを背負った右腕。ウクライナ人の母を持ち、50メートル走6秒2、遠投120メートルの身体能力の高さでこの日もNPB5球団が視察した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント