明桜・風間球打投手が153キロ、8回までノーヒット投球にDeNAスカウト「ビッグ3」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

明桜の153キロ右腕・風間球打投手が快投、春季秋田大会の中央地区予選決勝・由利戦で9回2安打11奪三振で完封した。

スポンサーリンク

直球の球威と角度はナンバーワン

先発した風間投手はこの日、最速は153キロを記録すると、150キロ台を6回記録した。8回までノーヒット投球を継続、9回に2安打を許したものの11個の三振を奪って完封した。

「まだ指のかかりが良くないけど、しっかり腕を振って投げられた」と話し、「地区予選で自分の自信は深まった。この自信を持って県大会に臨みたい」と、手応えを掴んだ。興石監督も「投げる度に進化している」と成長に驚きを見せている。

この日は5球団のスカウトが視察したが、横浜DeNAの河原スカウティングディレクターは「市和歌山の小園、高知の森木、明桜の風間が今年の高校ビッグスリーでしょう」と、小園健太投手、森木大智投手とともにBIG3と評価、さらに「特に直球の球威と角度はナンバーワン」と評価した。

春で155キロ、夏に158キロを目指している風間投手、春の目標にあと2キロと迫った。14日に開幕する秋田大会で155キロに到達するか注目される。

2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-秋田県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ネット裏では5球団が視察。DeNA・河原スカウティングディレクターは、「市和歌山の小園、高知の森木、明桜の風間が今年の高校ビッグスリーでしょう」と話し、「特に直球の球威と角度はナンバーワン」と絶賛した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント