天理・達孝太投手が7回3安打1失点、日米11球団視察し中日・阪神・オリックス・DeNAが評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

天理高の193cm右腕・達孝太投手が、センバツ後、初となる公式戦に先発し、7回3安打7奪三振1失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

142キロ

センバツ準々決勝の仙台育英戦で投げた後、左脇腹を痛めて準決勝で登板を回避し、登板を開始したのは5月に入ってからだった。それ以来の公式戦の登板となった。球速は142キロ止まりだったものの、低めに140キロ台のストレートを投げるなど7つの三振を奪い、畝傍に勝利した。

「5,6割」と現在の状態について話すと、「悪くはなかった。何とか試合をつくれたけど、10点あるかないか。変化球の感覚が戻っていない。感覚が180度違う。感覚が戻ってきていない」と、100点満点で10点の出来と話した。

この日は日米11球団のスカウトが視察をし、

○阪神・山本スカウト:「身体能力が高い。腕も触れていたし、コントロールも安定していた。これからギアが上がってくると思う」

○中日・山本スカウト:「まだ良いときの7割くらいだが、彼らしい球ができ始めている」

○中日・中田アマスカウトアドバイザー:「去年見たときでも、すごく良いときと全然球が来ないときもあった。波はある。軸足への乗り具合とかテークバックとか、タイミングが合わないと、こういうときもある。でも、球に角度があり、しなやかさもある好投手」

○オリックス・谷口スカウト:「ストレートの質が良い。193センチと上背があるうえに、投手と捕手の距離が短く感じる投手はなかなかいない」

○横浜DeNA・安部スカウト:「直球の質が良く、重みを感じる」

○ロイヤルズ・大屋スカウト:「身体にバネがある。身体能力が高くまだまだこれからの選手」

と評価、まだ本調子ではないものの、素質の高さやフォームの良さを含めて、センバツ時から評価は落ちることはない。

15日の決勝戦は智弁学園と対戦するが、「投げることがあれば、全員三振を取るつもりで投げたい」と話した。現在の調子で登板するかはわからず、夏の大会に向けて徐々に上げていく感じになりそうだ。

2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-奈良県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日の投球に、視察した中日山本将道スカウトは「まだ良いときの7割くらいだが、彼らしい球ができ始めている」とまずまずの評価。阪神山本宣史スカウトは「腕も触れていたし、コントロールも安定していた」と語った。

センバツで左脇腹を負傷し、再び投球練習を開始したのは5月上旬。まだ本調子ではないが、聖地を経験した右腕からは貫禄が漂っていた。日米11球団が視察した中、阪神・山本スカウトは「身体能力が高い。これからギアが上がってくると思う」と評価した。

ネット裏で視察したオリックスの谷口悦司スカウトは「ストレートの質が良い。193センチと上背があるうえに、投手と捕手の距離が短く感じる投手はなかなかいない」と高評価する。中日の中田宗男アマスカウト・アドバイザーは「去年見たときでも、すごく良いときと全然球が来ないときもあった。波はある。軸足への乗り具合とかテークバックとか、タイミングが合わないと、こういうときもある。でも、球に角度があり、しなやかさもある好投手」と分析した。 

米大リーグ・ロイヤルズの大屋博行スカウトは「身体にバネがある。身体能力が高くまだまだこれからの選手」と将来性を評価。DeNAの安部建輝スカウトも「直球の質が良く、重みを感じる」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント