智弁和歌山が市和歌山にリベンジ、中西聖輝投手が147キロ・徳丸天晴選手がレフトオーバー2塁打

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

智弁和歌山が市和歌山にリベンジを果たした。エース・中西聖輝投手は147キロを記録し9回6安打1失点で完投、徳丸天晴選手は小園健太投手からレフトオーバーの二塁打を放った。

スポンサーリンク

リベンジ

昨年秋は市和歌山の小園健太投手の前に、新人戦、県大会、近畿大会と3度敗れた。

しかしこの日は、市和歌山の2番手・米田天翼投手から、高嶋奨哉選手がホームランを放ってリードし、6回から小園投手を引きずり出す。そして150キロ台の球を投げてきた小園投手に対し、8回には徳丸天晴選手のレフトオーバーの2ベースヒットで火蓋を切ると、中西聖輝投手の走者一掃の2ベースヒットなどで一挙4点を奪い、小園投手に4回で7安打を浴びせて5点を奪った。

投げてはエース・中西投手は自己最速を2キロ更新する147キロを記録し、9回を投げて6安打1失点で完投、7-1でライバルを下した。中谷監督は「選手がやるべきことをしっかりやってくれた。小園くんに対しての準備もしっかりしてきた。きょうに限っては対応ができたと思う」と話した。

この日は巨人など3球団4人のスカウトが視察をしており、コメントなどは無いものの、中西投手、徳丸選手がアピールする形となった。

智弁和歌山高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

終盤には今秋ドラフト上位候補の小園健太を攻略。8回には中西聖輝の満塁走者一掃の左中間適時二塁打などで4点を奪い、試合を決めた。投げては先発の中西が自己最速を2キロ更新する147キロの速球を武器に好投し、被安打6、1失点で完投した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント