夏の高校野球・北北海道大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球、北北海道大会は、147キロの右腕・田中楓基投手が注目されるが、2年生に楽しみな選手がいるものの全体的には注目選手は少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋の道大会は旭川実が準優勝、武修館がベスト4入り、春季道大会はクラーク記念国際がベスト4入りしている。投手力のある旭川実、選手層の厚いクラーク記念国際、白樺学園、旭川大高が優勝候補となる。

注目選手

旭川実の田中楓基投手は、昨年秋の北海道大会で北海・木村投手と投げ合い、0-1で敗れはしたものの、力的には木村投手より上の声も聞かれた。最速147キロの速球は、北海道史上最高クラスの投手になると期待もされた。しかし、この春は速球対策をしてきた旭川大高に11安打を浴びて8失点で敗れるなど、また一つ高い壁にぶつかっている。夏までの短期間にどれだけ投球の幅を広げられるか。

白樺学園の葛西凌央投手は184cmから144キロの速球を投げるこちらも本格派右腕、クラーク国際の菊池伶投手は143キロの速球を投げる地区NO.1左腕投手。

その他の選手

武修館の倉宏太朗選手は、身長は160cm台だが投手として140キロを記録し、遊撃手としても守備や打撃でチームを引っ張る選手。

昨年夏の甲子園交流試合を経験した白樺学園は、主力選手8人が残るが、その中で宍倉隆太選手が長打力が増して期待されるようになった。また179cm98kgの右の大砲で2年生の菊地一成選手が成長をしており、来年のドラフト候補として期待される。

クラーク記念国際も2年生で183cm92kgの伊藤大輝選手が注目される他、左から140キロの速球を投げ、左の大砲としても鋭い打球を飛ばす佐藤寛太選手が楽しみ。

同じく甲子園交流戦を経験した帯広農は1年時から活躍したサードで1番の西川健生選手、ショートで2番として器用さを見せる佐伯柊選手がおり、2年生の左のエース・佐藤大海投手も力のある球を見せている。

旭川実の田中投手を攻略した旭川大高の菊地大翔選手は強打のショートとして注目、低く鋭い打球を飛ばす力とショートでの動きが注目される。182cmの右腕・池田翔哉投手や130キロ中盤の速球にカーブで緩急をつける中筋寛太投手など投手陣も厚い。

旭川龍谷の浅田謙吾選手は右の長距離砲として活躍が期待される。

2021年度以降-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント