関メディベースボール学院の田口寛選手がアメリカの大学からMLB入り目指す

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

田口壮選手のご子息で、関メディベースボール学院でプレーする田口寛選手が、この秋にアメリカの大学に入学を目指すことがわかった。

スポンサーリンク

強肩と俊足

田口寛選手は、小学校からカナディアンスクールに通い、野球は関メディベースボール学院中等部から、そのまま関メディベースボール学院のクラブチームでプレー、今年の都市対抗兵庫一次予選でも代打で出場をしている。

左投げ左打ちの外野手で、遠投は105m、50m5.9秒の足があり、またスイングについても学院で投手の指導をしている佐藤義則氏が「スイングの速さは抜けていると聞く」と話す。それでも「田口ほどのインパクトはまだ。」と父、田口壮選手がドラフト1位で入ってきた時のような印象は無いと話し、「それはここからどれだけ伸びるかだよね」と期待をしている。

その田口選手は今年の夏にアメリカの大学のトライアウトを受け、アメリカの大学からMLB入りを目指すことがわかった。父もMLBでプレーをしており、MLB入りとなれば日本初の親子二代メジャーリーガーの誕生となる。

高校3年生世代で今年のドラフト候補の一人ではあるが、アメリカの大学に合格し、田口Jr.としてプレーする姿を見たい。

関メディベースボール学院のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
田口Jr.日本初親子メジャー挑戦 デイリースポーツ紙面 2021/6/22

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント