関東第一・市川祐投手が優勝の投球、巨人スカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

延期されていた春季高校野球東京都大会の決勝戦、関東第一vs日大三の試合が行われ、関東第一のプロ注目エース・市川祐投手が完封勝利で優勝を決めた。

スポンサーリンク

出力が上がっている

関東第一はエースの市川祐投手が先発した。1年生より登板し、回転の良い球を投げて注目されてから、最速145キロの速球を投げる右腕投手として注目された。しかし、昨年にフォームを見直したもののしっくりとせず、ストレートの威力がなかなか増すことがなく、変化球を中心とした投球をしていた。

春の都大会でもまだ変化球が多かったが、それでもストレートの力が徐々に増している印象も受け、「夏までに腕を振って強いボールを投げられるようにしたい」と話していた。そしてこの日はストレートを中心とした組み立てで最速は144キロを記録し、「強い相手に対しても真っすぐで押せるようになってきた」と話した。

この日の4回には2アウトからヒットと味方の2つのエラーで満塁のピンチとなったが、ここでフルカウントからインコースに139キロの速球を投げ込んで見逃し三振を奪う。日大三を9回2安打8奪三振で完封し、「結構、自信になりました」と話した。

この日視察した巨人の木佐貫スカウトは「変化球がゾーンに決まるのは、指先の感覚がいいからでしょう。リリースで強くたたけるようになり、出力が上がった」と話し、ストレートの力が増していると評価した。

最後の夏に向けて、市川投手の調子が上がってきた事は、非常に楽しみ。進路については「もっと圧倒的な実力と結果を残さないといけない。自分のことより、チームの優勝が大事です」と話したが、夏に圧倒的な結果を残して欲しい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

▽巨人木佐貫スカウト(関東第一・市川に) 変化球がゾーンに決まるのは、指先の感覚がいいからでしょう。直球も春より上がっています。

力強い直球が戻ってきた。関東大会まではフォームに悩み、変化球頼みの投球に。「夏までに腕を振って強いボールを投げられるようにしたい」と話していた。それが、この日は最速144キロを計測するなど球威がアップ。「強い相手に対しても真っすぐで押せるようになってきた」。視察した巨人・木佐貫スカウトも「リリースで強くたたけるようになり、出力が上がった」と復調ぶりを評価した。

注目が集まる進路に関しては「(プロに行くためには)もっと圧倒的な実力と結果を残さないといけない。自分のことより、チームの優勝が大事です」と話した。

【高校野球】2度延期の春季東京都大会、関東第一が優勝 エース右腕・市川が日大三を2安打完封:中日スポーツ・東京中日スポーツ
新型コロナウイルスの感染拡大のため延期されていた春季高校野球東京都大会決勝が21日、府中市民球場で行われ、関東第一が日大三を5―0で破...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント