夏の高校野球・沖縄大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球沖縄大会、将来、注目されそうな素質の高い選手が多いものの、今年のドラフト会議で指名が確実視されるような選手はおらず、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は沖縄尚学が優勝し、具志川商が準優勝。具志川商がセンバツに出場をしている。ベスト4に興南と与勝高校。春は興南が優勝し沖縄尚学が準優勝、美里工と沖縄工がベスト4入りしている。

沖縄尚学が安定して強さを見せ、興南、具志川商が優勝を争う形だが、美里工、沖縄工、浦添商などの強豪や、未来沖縄、日本ウェルネス沖縄などの新興勢力も力を見せている。

注目選手

興南の左腕・山城京平投手は最速146キロの速球を投げ、沖縄NO.1左腕と評価される。スライダー、チェンジアップなどの変化球もしっかりと投げられ、投手としての経験も積んでいる。

山城投手に対抗するのが、未来沖縄の松竹嬉竜投手で、こちらは186cm88kgと大型左腕で最速は145キロを記録する。常時の球速は130キロ台で、スライダー、カーブで緩急をつけるピッチングが持ち味で、速球で押す投球はこれからになるだろう。

センバツで素質の良さを見せた具志川商の新川俊介投手は、180cmから144キロの速球を投げ、体や球の強さにしなやかさも感じさせた。本格派投手として更に力をつけてゆけば楽しみ。

その他の選手

興南は強打者も注目、野田愛眞選手は180cm95kgの体からフルスイングで打球を飛ばす長距離砲。2年生の盛島稜大選手は185cm82kgの捕手で、こちらも破壊力を見せる。捕手としての素質も注目したい。また2年生の禰覇盛太郎選手は俊足で試合を動かせる選手で、同じく生盛亜勇太投手は140キロのストレートで押す投球を見せている。

沖縄尚学は130キロ後半の速球で安定感のある後間翔瑚投手に、U15代表を経験した2年生の仲宗根大斗投手が181cmから130キロ後半の速球を投げ、素質の高さを見せている。高い打率を残し、8本塁打とパンチ力もある知念大河選手は、沖縄屈指の打者。高い身体能力でショートの守備で評価の高い仲宗根皐選手も守備の要。

具志川商は伊波勢加投手も139キロを記録し、強い肩と50m6.1秒の俊足外野手としても活躍を見せる。打撃の良い遊撃手の粟国陸斗選手、アンダーハンドの山田極登投手など好選手がそろう。

沖縄工業は力のある球を投げる左腕の上原紳之祐投手と、技巧派左腕の翁長大士投手がともに制球がよく、沖縄屈指の遊撃手と評価される謝花幸樹選手がゴロを軽快に捌く。

浦添商はエースの新城飛鳥投手は130キロ中盤だが力を感じさせるストレートを投げる。豊見城の垣花琉陽投手は最速142キロの速球を投げ、首里の山内秀陛投手も130キロ後半を記録する。宮古高の新里勇人投手も140キロの速球を投げる投手で、故障明けの投球が注目される。

八重山の西表夢叶選手は沖縄の野球選手全体の計測会で三段跳び、遠投、100m走で三冠となった。100m11秒台の足などが注目される。日本ウェルネス沖縄の川平真也選手は185cm80kgの体があり、足もある三拍子揃った選手。同じく平良一葵選手も打撃に定評がある。

2021年度以降-高校生-沖縄県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント