夏の高校野球・鹿児島大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球鹿児島大会、将来的に期待したい選手はいるものの、今年のドラフト会議で指名される確率の高そうな選手は現時点ではおらず、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は昨秋は神村学園が優勝、樟南が準優勝、鹿児島城西と鹿屋中央がベスト4に入ったが、センバツには出場できなかった。今春は鹿児島実が優勝、鹿屋中央が準優勝し、大島、枕崎がベスト4に入った。

安定した力を見せる鹿屋中央に、好選手のそろう神村学園、鹿児島実が優勝候補。鹿児島城西、大島、樟南などが追いかける展開か。

注目選手

注目選手は神村学園の左腕・泰勝利投手と、樟南の左腕・西田恒河投手の二人。泰投手は173cm82kgとがっしりした左腕で、最速は148キロを記録する。安定した下半身があり、力のある球を投げ込む。昨秋の九州大会では明豊を7回まで無失点に抑えた実力がある。

西田投手は175cm76kgの左腕投手で最速は130キロ台後半。スライダー、チェンジアップを投げ分け、カーブでタイミングを外し、空振りを奪える投手。2桁奪三振も多く、失点も少ない非常に安定した投球を見せる。

その他の選手

打者で最も注目したいのは鹿児島実の城下拡選手。U15代表を経験しており、1年生のときから実績十分。高い打率を残し、捕手としてもしっかりとしたリードを見せる。チームでは1番の井戸田直也選手に一発があり、板敷昂太郎選手も木製バットで柵越えの打球を打う。2年生左腕投手の赤嵜智哉投手が、130キロ後半の速球と鋭いスライダーで三振を奪う力がある。

神村学園も長谷杏樹選手、前園奎斗選手、甲斐田絋整選手と、県を代表するような強打者が並び、前園選手は170cm71kgと小柄だが、一発の迫力がある。この冬に一気に成長し140キロの球を投げる3年生の逆瀬川敬投手や、2年生の左腕・内堀遼汰投手もチェンジアップを巧みに使う好投手。

鹿屋中央の峯山叶聖投手は168cm63kgと小柄だが130キロ後半の速球で押すピッチングを見せる。俊足の1番バッター・宮里誠也選手の打撃と足も注目したい。国分中央はエース左腕の河野晴斗投手がキレの良い球を投げ、打者としても活躍する勝本亮太選手が140キロの球を投げる。

鶴丸高の堀峻太郎投手は172cm78kgから140キロを記録、バッターを分析した投球術も光る。加世田高の揚野尚健投手もテンポ良い投球で球速は130キロ中盤を記録する。

鹿児島城西の乗田元気選手は広い守備範囲の遊撃手で、届かないと思われた打球に追いつき正確に処理をする。50m5秒台の俊足はランナーで脅威。長隆稀選手は下位打線だが強い打球と俊足を見せる。鹿児島南の有村康太選手は168cmと大きくないが、4番バッターとして強い打撃を見せる。

大島高校は藤本涼也捕手が捕球、肩などで安定感があり、2年生左腕の大野稼頭央投手が140キロの強い球を投げて来年注目の投手。加治木高は左の高木晴矢投手がスライダーを中心に投げ、右の東明信投手が140キロのストレートで押す投球で継投する。

2021年度以降-高校生-鹿児島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント