夏の高校野球・大分大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球大分大会、明豊を中心に好選手がいるものの、ドラフト指名確実と言える選手はおらず、全体的にも候補は少ない。昨年のように続々と好選手出てくる可能性があるが、現時点でドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は明豊が優勝、大分商が準優勝し、明豊がセンバツで準優勝をした。ベスト4に津久見と藤蔭。春は大分舞鶴が優勝、柳ヶ浦が準優勝し、藤蔭と津久見がベスト4入りしている。

選手の層が群を抜いている明豊が優勝候補だが、力を付けている大分舞鶴に、野球巧者の藤蔭、昨年も強さを見せた津久見、そして大分商、柳ヶ浦など強豪が優勝を狙う。

注目選手

明豊の京本真投手は189cm87kgの体から146キロの球を投げ、そのポテンシャルに期待され続けている。センバツでは成長を見せることは出来ずにいたが、その後、フォームを修正したことでややコンパクトになったものの球の質が変わってきた。最後の夏にその素質に違わない投球を見せてくれるか注目したい。

津久見の林田夢大投手は、170cm70kgと小柄だが、県内屈指の144キロの速球を投げ、スライダーとストレートのコンビネーションで、高めのストレートで空振りを奪っていく。躍動感のある投球が魅力。内野手としても素晴らしい動きを見せるという。

その他の選手

明豊は左腕で安定感抜群、センバツ準優勝の立役者・太田虎次朗投手が変化球を中心に安定感がある。サイドハンドの財原光優投手の三本柱は力も実績も十分。打線もセンバツで活躍した黒木日向選手、山本晃也選手、米田友選手、東孝太郎選手といった3年生に、2年生の竹下聖人選手もすでに実績があり、さらに2年生の宮崎元哉選手も強打を見せて加わってきた。

知将・竹下監督の藤蔭は、春は5試合で15盗塁をしかけたが、その中で1番として足を見せた立山颯太選手は、内外野を守りスピード感あふれるプレーを見せる。高校通算15本を越すホームランを放つ3番・原田琉成選手も力がある。

大分商は投球術で抑える左腕の渡辺幹太投手が安定しているが、142キロの速球を投げる岩尾翔太投手も力がある。181cm90kgで高校通算26本塁打の三代祥貴選手は、50m6.1秒の足もありトータルでチェックしたい選手。

津久見は控えの鶴田星斗投手も140キロの速球を投げる。また法輪大道選手は1番を打ち、高いミート力を見せるが、その打球も外野の頭を越えていく。長打力でも県トップクラス。

大分舞鶴は昨年は木村投手、新名投手といった140キロ中盤の球を投げる投手が中心だったが、今年は181cm95kgの体から場外弾を打つ小倉直樹選手、シャープなスイングを見せる仲崚眞選手など野手が中心で、2年生エースの奥本翼投手と、3年生で力が上昇している吉田光太投手を支えて行けるか。

柳ヶ浦は177cmから144キロの速球を投げる東江誠哉投手が、大分NO.1の呼び声もある。大分鶴崎の山下和磨投手は130キロ後半の速球にキレの良いスライダーで、昨夏は2年生で完封勝利を挙げるなど活躍を見せた。日田林工の立石大翔選手もヒットを量産し高い打率を残す選手。

2021年度以降-高校生-大分県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント