夏の高校野球・岩手大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球岩手大会、怪物が出る地に今年も147キロ右腕や60本塁打のスラッガー、そして1年生も怪物候補がいる。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は昨秋は盛岡大付が優勝し、一関学院が準優勝。ベスト4に花巻東と花巻農が入った。春は花巻東が優勝し盛岡大付が準優勝、久慈、花巻南がベスト4に入った。

花巻東と盛岡大付の2強に一関学院が対抗する形は今年も変わらないが、花巻南、久慈、水沢といった公立に良い選手がいる。

注目選手

花巻東の菱川一輝投手は1年時に最速147キロの速球を投げて注目され、その後、球速の更新はしていないものの、花巻東のエースとして成長している。投球の幅も広がっており、実戦的に成長をしている。

水沢の伊藤裕平投手も昨年はリリーフとして登板し、143キロの快速球を投げていた。成長した姿を見るのが楽しみな投手。

盛岡大付の松本龍哉選手は、入学時から怪物として注目されていたが、高校通算本塁打が60本に到達し、その期待に応えている。目をみはるような打球ということは無いが、しっかりとスタンドに運ぶ打撃は注目。

その他の選手

強打の盛岡大付は、松本選手を1番に置き、187cm93kgの金子京介選手、185cm95kgの小針遼梧選手、185cm85kgの平内純兵選手と、プロのような体つきの打線が主軸を打つ。スイングピードのある新井流星選手も通算本塁打は30本を越し、2年生の中沢舟汰選手も135mのホームランを放つ。193cmの長身右腕・千葉雄介投手や130キロ後半の速球を投げる阿部凜叶投手、2年生の左腕・武石圭哉投手などが実力を出せるか。

花巻東は左腕の中居颯真投手は春の大会で盛岡大付を完封、右腕の南慧太投手も質の良い球に球速も伸びて来ており楽しみな投手、2年生左腕の萬谷大輝投手も力があり、投手陣が充実している。主将の黒澤健太や1年生で春に4本塁打を放った怪物1年生の佐々木麟太郎選手、2年生で強打者で強肩の田代旭捕手など打線も活発。

一関学院は182cm83kgの内野手・奥谷奏翔選手が4番の強打者で、投げても力強い球を投げる。少年野球時から強い打撃を見せていた佐々木巧実選手も思い切りの良い打撃を見せ、1年生の工藤緑選手も飛距離の出るスイングが注目される。

専大北上はエースの長島暖和投手が140キロの球を投げ、4番としてもチームの柱。川村英治選手や男澤凱生選手など足のある選手が得点を挙げる。久慈高は183cm80kgの大村蓮選手の打撃が注目され、伸びのある球を投げる右腕の松川緋祥投手、左腕の播磨颯和投手が安定している。

盛岡中央は2年生の齋藤響介投手が140キロのストレートで15回203球を投げて22奪三振2失点という快投を見せた。来年が期待される。中川青空投手も140キロの球を投げる。花巻南も179cm86kgの右腕・高橋陸投手が130キロ中盤の速球に多彩な変化球で安定、182cmから140キロの球を投げる2年生の柿澤佑多投手、右サイドハンドの桜田太暉投手もポイントで抑える。

黒沢尻工の藤沢主樹投手は190cmの長身から角度ある球を投げ、盛岡商の桜庭悠空投手は制球力良く130キロ台の力のある球を投げる。盛岡一の右の川村咲郎選手、左の菅龍太朗投手とも130キロ中盤の速球を投げる。大東の滝沢優生投手も好左腕投手。

2年生では伊保内の屋形場愛司投手が166cmだが130キロ後半の速球とスライダーで三振を奪う。盛岡市立に藤村謙信投手という左腕投手がいるようで、是非見てみたい。

2021年度以降-高校生-岩手県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント