夏の高校野球・香川大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球香川大会、ドラフト上位候補はおらず、またドラフト候補全体としても現時点で人数は少ない。ただし、来年に注目される選手がいる。ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は寒川が優勝、英明が準優勝。ベスト4に高松商、大手前高松が入った。春は英明が優勝し、藤井が準優勝。ベスト4に高松商と丸亀城西。

英明が安定した力があり、高松商、藤井学園寒川、藤井、大手前高松などが追う。そこに丸亀城西、尽誠学園、高瀬などが絡んでくるか。

注目選手

英明の石河大空投手は、178cm82kgの右腕投手で、最速は145キロを記録する。1年時から速球で押す投球ができており、その後は多彩な変化球を習得して投球の幅を広げた。この夏にその集大成というような投球を見たい。

来年が楽しみな選手がいる。高松商の浅野翔吾選手は、171cm85kgの外野手で、高校通算25本塁打の長打力でこの春も3本塁打、50m5.9秒に外野から強肩を見せる身体能力もある。高知の森木投手などから苦もなく打つなど、能力が非常に高く、すでにプロのスカウトがマークをしている。

英明の池本圭選手も楽しみ。177cm85kgの右のスラッガーで、すでに2番を打ち、この春は2本塁打を放った。こちらは内野手として評価されることになる。

その他の選手

高松商は135キロの力のある球を投げる右の坂中大貴投手と、制球力が良く打たせて取る左の德田叶夢投手、そして2年生で130キロ後半を記録する左腕の渡辺和大投手が充実している。一塁到達3.8秒の俊足・野崎隼斗選手や、俊足に長打力も兼ねる西原涼成選手など、身体能力の高い選手が多く、また課題のショートにも1年生の横井亮太選手が入る可能性がある。

英明は他にも2年生が注目され、センターで広い守備範囲を見せる逢澤杏哉選手、鋭いスイングで春に3番を打った徳永光希選手、130キロ後半の速球を投げる左腕の寒川航希投手などが楽しみ。

大手前高松は立岩凌投手が177cm74kgの右腕で140キロ、塩田佳輝投手も180cm77kgで140キロを記録し、スリークォーターから130キロ後半の球を投げる宇良彩真投手、180cm71kgの2年生右腕・片岡憧斗投手も138キロを記録する。俊足トリオの高岡冬真選手、古川裕太郎選手、馬場悠翔選手が上位打線で相手をかき回す。

藤井学園寒川の青木一真選手は173cm80kgの捕手で、二塁への送球は1.9秒台を記録する。長打力も抜群で4番を打つ。1番の関谷空磨選手は177cm83kgと体もできており、俊足で内野安打を奪う。3番を打つ市川航都選手も打力と足の評価が高い選手。

尽誠学園は結果を残せていないものの、右の横から135キロの速球を投げる谷口颯汰投手、50m5秒台の足を持つ福島武颯士選手など身体能力の高い選手がいる。三本松の赤壁勇希選手は、180cm85kgで長打力があり、足も速くて1番を打つ。強肩強打俊足の佐藤功太選手も主軸を担う。

藤井高は1番の角野健士選手、主軸の朝田耕司選手は50m6.1秒の足があり、朝田選手は強打の打撃も注目されている。丸亀城西は、キレの良い球と制球力で勝負する左腕の宮西輝大投手と、2年生右腕で130キロ中盤を記録してきた西岡幹太投手の2枚看板。

観音寺中央の柏田優哉選手は183cmの三塁手で、投手としても成長が期待されていた。最後の夏にどんなプレーを見せるか。観音寺第一の道久勇貴選手は184cm76kgの大型遊撃手、将来が期待される。高瀬高の原田温基選手も強肩強打の外野手。香川中央の下河飛鴻選手も肩の強さでは県トップクラス。

高松高の青峰良瑛投手は183cm81kgの右腕投手、津田高の堀江聖仁投手も135キロの速球を投げる180cm77kgの右腕投手。

2021年度以降-高校生-香川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント