県岐阜商・高木翔斗捕手がマルチ安打、3球団視察し巨人「打撃センスがある」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

夏の高校野球岐阜大会では、県岐阜商の高木翔斗捕手がマルチ安打を記録した。この試合には3球団のスカウトが視察している。

スポンサーリンク

3球団視察

初回の第1打席は2アウト1塁の場面、高木翔斗捕手は引っ張ってレフト前にヒットを打ち、チャンスを広げた。5回の第3打席には1アウト1塁の場面で、逆方向のライト前にヒットを打ち、マルチ安打とした。

この日は3球団のスカウトが視察をしたが、巨人の安藤編成アドバイザーは「場面によって打ち分ける打撃センスがある」と評価した。

ホームランなど派手な活躍を見せていない高木選手だが、一歩一歩着実に甲子園に近づいている。次は準決勝となる。

2021年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・岐阜大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球岐阜大会、ドラフト上位候補のスラッガーや捕手がおり、投手も注目選手が多い。全国屈指の注目地区でドラフト注目度はA。

県岐阜商の高木が右へ左へマルチ安打を放った。初回2死一塁で引っ張って左前打。5回1死一塁の第3打席は逆方向へと右前打を放った。プロ3球団のスカウトが視察し、巨人の安藤編成アドバイザーは「場面によって打ち分ける打撃センスがある」と評した。高木は「一戦必勝の気持ちで次に集中したい」と準決勝に向けて意気込んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント