夏の高校野球・岐阜大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球岐阜大会、ドラフト上位候補のスラッガーや捕手がおり、投手も注目選手が多い。全国屈指の注目地区でドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

地区

昨秋は県岐阜商が優勝しセンバツにも出場した。大垣商が準優勝、ベスト4に岐阜第一と中京が入った。春は中京が優勝し、岐阜第一が準優勝。ベスト4に市岐阜商と大垣商が入った。

県岐阜商が戦力的に優勝候補の筆頭で、安定して力を見せている中京、岐阜第一、大垣商が続く。他に大垣日大、帝京大可児、市岐阜商などが絡んできそうだ。

注目選手

岐阜第一の阪口楽選手は187cm90kgの選手で、投手としても143キロの球を投げるエースだが、野手として昨年夏の独自大会で見せたホームランは驚嘆。その後、秋、今年の春と結果をだせていないが、持っているものは高校最高クラス。体もあり、方も強い外野手としてプロで大きく育ってほしい。岐阜第一では外野手の岡本海透選手も、高校通算20本を超すパワーある打撃にプロのスカウトも注目している。

県岐阜商の高木翔斗捕手は186cm86kgの大型選手で、セカンドまで1.86秒の送球があり、長打力も魅力。ホームランをかっ飛ばすというよりは、確実に二塁打を打っていくような感じのスラッガー。プロでは5番を打てるような捕手になってほしい。

県岐阜商では左腕の野崎慎裕投手が172cm71kgと体は大きくないが、144キロの速球の威力は抜群。大学や社会人でも1年目から投げている姿が想像で、さらにその上という可能性もある。松野匠馬投手は181cm80kgの右腕で148キロを記録する。圧倒するようなピッチングはまだ見ていないが、きっかけ次第でそういう投手になりそうだ。

中京の小田康一郎選手は1年夏の甲子園で大活躍を見せた選手で、173cm80kgの体から高校通算35本塁打のパワーがあり、投げても145キロを記録する。体の強さ、パワーを持つ選手で、将来が楽しみ。

大垣日大の清田蒼陽選手は186cm91kgのスラッガーで、U15代表時代から注目されていたスラッガー。体も順調に強くなっており、こちらも将来どこまで成長するのか注目したい。

市岐阜商の高橋知亜投手は182cm76kgの右腕投手で、角度のあるストレートと抜群のキレのあるスライダーが良かったが、球速を146キロまで伸ばしてきた。能力が高いだけに、大きく飛躍するかもしれない。

その他の選手

県岐阜商は注目2投手以外にも、173cm右腕の大島成憧投手が143キロ、来年のエース候補の小西彩翔投手が141キロ、井上悠投手も140キロを記録する。野手も強打の中西流空選手、廣部嵩典選手、2年生の内藤大輔選手、1年生の伊藤颯希選手などが、パワー、身体能力が非常に高く、選手層の厚さはトップ。

大垣日大は遊撃手の有村航汰選手がショートで広い範囲を守り、守備を固める。2年生の三松将也投手は183cm95kgという左腕投手で、球速も130キロ中盤まできている。来年どんな投手になっているのか楽しみ。

中京高は小田選手が傑出する中で、他の選手の成長が鍵となる。その中で183cm右腕の須山廉投手は、130キロ中盤の速球を投げ期待される。大垣商の谷口優喜投手は173cmの左腕投手で、しなやかな腕の振りで伸びのあるストレートとキレ抜群のスライダーを投げる。帝京大可児の宮川凛士投手は179cmから打者に見えづらいフォームで142キロの速球を投げる。

岐阜城北の谷口拓己投手は176cmの右腕でスプリットが武器。岐阜聖徳学園の藤田和来投手は187cm78kgの大型右腕。

麗澤瑞浪は186cm88kgの度會真之介選手が当たったら飛ぶ。141キロの力のある球を投げる中嶋龍之介投手、2年生の左腕でインコースに角度ある球を投げる森岡晃大投手などが注目。

岐阜第一の早川琉暉選手はミート力が高く、打球も伸びる。美濃加茂の藤村雄我選手は174cm80kgの遊撃手で、守備の安定感が抜群。吉田高の岩橋裕人選手も守備が安定している。

他に2年生では大垣西の今西千尋選手が170cm85kgの捕手で、強打の選手として注目されている。

2021年度以降-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント