苫小牧中央・斉藤優汰投手が148キロ、2球団視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

秋季高校野球北海道大会の室蘭地区2回戦で苫小牧中央が鵡川に4-3で勝利した。来年注目の188cm右腕・斉藤優汰投手が148キロを記録した。

スポンサーリンク

完投勝利

斉藤優汰投手は188cmの長身から148キロの速球を投げ、来年のドラフト注目候補の一人。

この日は強豪の鵡川を9回5安打3失点に抑えて完投勝利した。球場表示で自己最速タイの148キロを記録している。

この日は2球団のスカウトが視察し、来年のドラフト候補に視線を向けた。2年秋の時点で148キロを記録し、この秋にも150キロ、そして来年までの成長を期待したい。

2022年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

背番号1の苫小牧中央・斉藤優汰投手(2年)が、5安打3失点で完投した。プロ2球団のスカウトが見守る前で、球場表示で自己最速タイの148キロをマーク。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント