仙台育英の吉野蓮選手が立教大へ進学、二刀流継続へ

2025年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

仙台育英でプロも注目した吉野蓮選手が、立教大に進学することがわかった。

スポンサーリンク

147キロ&強打

吉野蓮選手は、三塁手としてプレーし、強打の内野手として注目されると、投手としても最速147キロを記録していた。どちらも能力は高く、二刀流として注目された。

プロ志望届を提出していなかったが、東京六大学の立教大に進むことがわかった。大学でもまずは二刀流としてプレーするという。

177cm83kgの体は、数字以上にガッシリとしパワー溢れる打撃・投球をする。大学ではさらに技術や柔らかさを身に着け、打撃では確実性、投球では球質の向上、そして変化球なども磨きたい。

現在も週2回程度は投球練習をしているという吉野選手、「ストレートの質を追い求めて、即戦力として使っていただけるようにしっかりやっていきたい」と話す。東京六大学にまた楽しみな選手が加わる。

仙台育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

投球も打撃も、両方磨き続ける。1日に発表があり、立大に合格した仙台育英・吉野は「最高峰のリーグでプレーしたかった。投手メインでと言われているけど、DHがないから(投手も)打席に立つ。打つ方も鍛えていきたい」と語った。育英では三塁手兼投手として、打っては3番に座り投げてはセンバツで147キロを計測。どちらも能力は高いだけに、まずは“二刀流”でレベルアップする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント