大阪桐蔭が明治神宮大会制覇、松尾汐恩選手が2本塁打4安打の活躍に巨人スカウト参与が評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

大阪桐蔭が全国大会で唯一未制覇だった明治神宮大会を制した。主将で捕手の松尾汐恩選手が2本塁打を放った。

スポンサーリンク

2本塁打4安打

松尾汐恩選手はこの日、初回にヒットを放つと、3回1アウト1塁の場面で、センター前のヒットを打ったが、一気に二塁まで走る好走塁の二塁打を記録した。4回には1アウト1,2塁の場面でレフトスタンドに3ランホームラン、そして7回には再びレフトスタンドにホームランを放った。4打数4安打2本塁打4打点の活躍みせた。

このプレーに、視察した巨人の高田スカウト参与は、「肩がいいし、打てる捕手で楽しみ」と評価した。

投手陣が15安打で7失点を許したものの、18安打で11点を奪い、大阪桐蔭が勝利した。唯一、優勝のなかった明治神宮大会を制し、史上8校目となる4大大会制覇を達成した。

ただし課題も見えた。別所孝亮投手、川井泰志投手、川原嗣貴投手といった、これまで経験を積んできた2年生の投手陣が結果を残せず、投手では1年生の前田悠伍投手に頼るところが大きかった。来年のセンバツに向けて、2年生投手の成長と奮起に期待をしたい。

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2021年 明治神宮大会】6日目(決勝戦)の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会6日目は、高校の部、大学の部の決勝2試合が行われます。対戦カードと注目選手を紹介します。

0―0の3回1死一塁、中前への単打性の当たりを好走塁で二塁打にして丸山一喜の先制2点打を呼び込んだ。4回1死一、二塁では左越えに3ラン。7回2死では左越えに高校通算17号を放り込んだ。中学までは遊撃手。前チームからただ一人のレギュラーが、初回の左前打を含めて“サイクル超え”の4安打4打点。巨人の高田スカウト部参与は「肩がいいし、打てる捕手で楽しみ」と注目した。

大阪桐蔭V西谷監督「全員で勝ち取った勝利」松尾汐恩2発4打点大暴れ - 高校野球 : 日刊スポーツ
大阪桐蔭(近畿・大阪)が毎回安打の18安打11得点で広陵(中国・広島)の猛追を振り切り、初優勝を決めた。松尾汐恩捕手(2年)は2本塁打の大活躍。4回に左翼に3… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【神宮大会】大阪桐蔭の松尾汐恩が1試合2発でサイクル超えの4安打4打点 広陵との決勝
 初優勝を目指す大阪桐蔭(近畿)の松尾汐恩捕手(2年)が1試合2本塁打を放ち、サイクル超えの4安打4打点をマークした。
高校の部決勝は大阪桐蔭が初V 松尾が“サイクル超え”の2HR 明治神宮野球大会 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 大阪桐蔭(近畿・大阪)が広陵(中国・広島)に打ち勝ち、初優勝を果たした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント