広陵1年・真鍋慧選手が3安打、2023年注目選手へ

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

明治神宮大会決勝で敗れた広陵高だが、1年生の4番・真鍋慧選手などが大阪桐蔭投手陣に襲いかかり、追い上げをみせた。

スポンサーリンク

5回表で8点差

5回の表までに8−0と点差をつけられた広陵だったが、打撃は好調だった。大阪桐蔭先発の別所孝亮投手が3回までで交代すると、川井泰志投手、川原嗣貴投手の大型左右腕に襲いかかり、5回には6安打を集中して一挙5点を奪った。

終盤に突き放され、大阪桐蔭はエース格の1年生左腕・前田悠伍投手を登板させた。しかし、1年生の4番・真鍋慧選手が前田投手からもヒットを打つなど、5打数3安打2打点の活躍をみせた。

期待の143キロ右腕・森山陽一朗投手がこの日も4回途中5失点で降板するなど、来年までの課題となったが、大阪桐蔭とこれだけの戦いをし、来年に向けた課題も見えた事は大きい。

センバツに向けて選手がどんな成長をするのか注目したい。

広陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2021年 明治神宮大会】6日目(決勝戦)の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会6日目は、高校の部、大学の部の決勝2試合が行われます。対戦カードと注目選手を紹介します。

1年生4番の“広陵のボンズ”真鍋慧一塁手は、5回に一塁適時内野安打、6回に左越えの適時二塁打、8回に前田悠伍から右前打を放つなど、5安打3打点と奮闘した。「(前田は)非常にいい投手。同学年だったので、絶対に打ってやろう」と初対決で注目の1年生左腕を攻略した。

広陵準V 中国勢初の神宮制覇ならず 中井監督「新たなスタート」/デイリースポーツ online
 「明治神宮大会・高校の部決勝、大阪桐蔭11-7広陵」(25日、神宮球場) 高校の部は決勝が行われ、広島県勢初の決勝進出を果たした広陵は両軍計33安打の乱打戦の末、大阪桐蔭に7-11で敗れ、中国勢初の神宮制覇を逃した。大阪桐蔭は初優勝。近畿地区は来春のセンバツ大会の神宮大会枠を獲得した。大学の部は中央学院大が初優勝した...
広陵 初優勝ならずも1年生4番の真鍋が3安打 大阪桐蔭・前田からも安打「絶対打ってやろうと」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広陵は、投手陣が序盤から崩れ、初優勝はならなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント