センバツ出場の明秀日立・石川ケニー選手は、「高卒でプロが目標」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

センバツに出場する明秀日立の石川ケニー選手が、「高卒でプロが目標」と今年のドラフト会議の指名を目指していることがわかった。

スポンサーリンク

高校通算20本&140キロ左腕

石川ケニー選手は、高校通算20本塁打を記録し、また投手としても左から140キロを記録する二刀流で、180cm85kgの体にはパワーが十分備わっている。

昨秋も3番を打ち、チームは関東大会で優勝をして甲子園出場を果たした。しかし、石川選手は打撃では打率.256、また左肘を故障したため、投手としては登板が少なかった。

「秋は猪俣ひとりでほとんど投げた。センバツでは強気の投球で、球速以上の切れがある真っすぐを見せたい」と話し、現在は左肘も回復、センバツ大会での登板に備え準備をしている。冬に体重を7kg増やし、打撃でもスイングスピードが上がって、打球の質が変わったという。

その石川選手は、「全国でどれだけ活躍できるか次第ですが、高卒でプロが目標」と話す。センバツで投打で活躍を見せた時、自分も、スカウトも、秋のドラフト会議の指名に向けた体勢に変わっていくことになりそうだ。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2022センバツ】明秀日立の注目選手
センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は明秀日立の注目選手。
【センバツ注目選手】ハワイ育ちのポジティブ主将、明秀学園日立・石川ケニー外野手 昨秋の挽回“聖地”で誓う:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇第94回センバツ3月18日開幕「春の主役はオレだ!!」(4) ハワイ生まれの主将が不本意だった昨秋の挽回を誓う。高校通算20本塁打の...
関東王者として挑んだ明治神宮大会は、準優勝した広陵(広島)に3―5で初戦敗退。「自分たちに足りないところもわかった。大差で負けたわけではないので、しっかりやれば優勝を狙える」と日本一への手応えもつかんで冬を越した。全国レベルとの体格差を実感し、体重を7キロ増やし、スイングスピードが上がり打球の質も変わった。
「全国でどれだけ活躍できるか次第ですが、高卒でプロが目標」
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント