【2022センバツ】国学院久我山の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、国学院久我山の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:下川辺隼人遊撃手

181cmの遊撃手で、井口2世と注目される。昨年秋は公式戦9試合で4つのエラーをしたものの、フットワークの良さなどでセンスを見せる。打撃でも明治神宮大会の花巻東戦でホームランを放つなど長打力もあり、将来が期待される。

注目度C:齋藤誠賢外野手

1番センターで昨秋は打率.500、1本塁打など長打も多く、また50m5.8秒の足で3盗塁を記録した。打撃、足、守備でさらに磨いて行けば輝ける選手だと思う。

注目度C:木津寿哉外野手(新2年)

昨秋は1年生で2番レフトで出場し打率.483を記録、また50m6.0秒の足で6盗塁を記録している。ホームランこそないが長打も打てる選手。

注目度C:上田太陽内野手

50mのタイムは6.2秒だが、昨秋は9試合で9盗塁を記録したセンスの良さがある。

チーム

投手は渡辺投手、松本慎之介投手の左腕投手、4番も打つ成田投手など多くの投手が登板し、テクニカルな投球で打たせてとる形で抑える。ただし、絶対的な投手というのがおらず、ある程度の失点は覚悟している。

打線は1番・齋藤選手、2番・木津選手、3番・上田選手が足も使え、4番・成田選手はチャンスに強く、5番・下川辺選手が打点を挙げる。3番までの機動力と4、5番のがどれだけ返せるか。下位打線も良い働きをする。

投手が4、5点を許すが、打線がつながりで5、6点を奪う。全員の守備で失点を1点でも少なくしたい。守備と攻撃での集中力が勝敗のポイントとなりそうだ。

国学院久我山高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント