【2022センバツ】明秀日立の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は明秀日立の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:石川ケニー選手

外野手兼投手で、遠投115mの強肩で外野からレーザービームを見せると、投手としても140キロの速球を投げる。優れた身体能力があり、高校通算20本塁打の打撃もよく見える。

注目度B:猪俣駿太投手

183cm83kgの投手だが、基本的には打たせてとる投球をする。しかし、要所で最速142キロの速球を投げ、力がある投手。パワーがついて常時の球速が上がってきたら面白い。

注目度C:岡部真之祐投手

質の良いストレートを投げる投手で、球速も140キロに到達し成長している。どんな球を投げるか注目。

注目度C:近藤悠人投手(新2年)

173cm89kgの右腕投手で、1年生で最速142キロを記録した。秋はベンチ入りしたものの公式戦の登板はなかったが、センバツではその投球が注目される。

注目度C:小久保快栄三塁手

188cm83kgの大型三塁手、ソフトバンク・小久保2軍監督の甥で、昨年秋に公式戦3本塁打を放つなど、まだ課題はあるものの長打力が注目される。またサードで好守を連発し、守備で計算できる選手でもある。

注目度C:佐藤光成外野手

180cmのセンターで、遠投115m、50m6.0秒の足がある身体能力の高い選手。昨年秋は3本塁打を放つなどパワーも魅力で、そのプレーが注目される。

注目度C:武田一渓一塁手

171cm85kgの一塁手で、昨秋は公式戦で4本塁打を放ち、金沢監督も「天性のホームランバッター」と評価する。長打力をチェックしたい。

注目度C:伊藤和也捕手

遠投120mの肩のある捕手。打撃に課題があるが安定した守備を見せる捕手で、まずは基本的な捕手の力を見たい。

注目度C:平野太智遊撃手(新2年)

ショートで軽快なプレーを見せ、1年生でレギュラーを獲得した選手。ショートでの動きをチェックしたい。

チーム

猪俣投手の安定感が高く、球の力もある投手で注目される。リリーフでも石川選手や岡部投手、サイドハンドの高橋投手などがおり、2年生の近藤投手も成長次第では2枚看板としての活躍も期待できる。

野手はホームランを打てる選手が並び、3番・石川、4番・武田に、打撃も良い猪俣選手が5番を打ち、佐藤、小久保もホームランを打てる。1、2番が固まってくると、攻撃のスタイルも確立できて面白い。

投手が3点に抑え、打線が5、6点を奪う。1点を抑える投手力、そして守備力が勝敗のポイントとなりそうだ。

明秀日立高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント