【2022センバツ】天理の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、天理の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:戸井零士遊撃手

181cm83kgの大型遊撃手で、体は大きいもののフットワークもよく動きがスムーズな選手。打撃でも昨秋は2本塁打とパワーがあり、ヒットをしっかり打てるスイングをしている。全国的に遊撃手の候補が多くない今年、評価がかなり高くなるのではないかと思う。

注目度B:内藤大翔三塁手

昨秋に2本塁打、打率.433を記録し、高校屈指の打者として注目される。1年から4番を打ち、打席での落ち着きや迫力も出てきている。遠投115mの型もあり、守備の方でもまだ可能性広がる。

注目度B:南澤佑音投手

188cm88kgの右腕だがサイドハンドまで腕を下げ、スライダー、チェンジアップで打ち取ることができる。低い位置から低めのストレートも魅力で、コントロールと強さがさらに出てくれば将来が楽しみ。

注目度C:藤森康淳二塁手

50m6.0秒でチーム一の俊足。昨年秋は8試合で7盗塁を記録している。1番打者として期待されるが、さらに打撃を磨きたい。

注目度C:重舛春樹外野手

50m6.2秒の足で、昨秋は8試合で5盗塁を記録。9番打者としてセーフティーバントなどで足を使ってチャンスを作る。

注目度C:北田陸斗投手

184cm84kgの右腕投手、角度のあるストレートとチェンジアップで勝負する。実績もまだ少ないが、成長を期待。

注目度C:嶋川雄大投手(新2年)

130キロ後半の速球を投げる投手で、スプリットなどを使って空振を奪える。次期エースとして期待される。

注目度C:村上洸星投手(新2年)

1年で最速142キロを記録した投手で、スライダー、フォークをテンポ良く投げる。制球力などの課題をクリアし、本格派投手に成長してほしい。

チーム

南沢投手を中心に内野手全体で守っていくチーム。打たせてとることで、試合の流れを掴んでいく。控えの北田投手、嶋川投手、村上投手なども力があるが、南沢投手を支えるところまで成長したい。

打線は3番・戸井選手、4番・内藤選手が強力で全国屈指のコンビ。1番に入る藤森選手、2番の永井選手がチャンスを作れるか。

守備で2点に抑え、打線がつながりで6点くらいを奪うことができる。守備でどれだけ投手をもり立てると共に、攻撃のリズムにつなげて行けるか。

天理高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント