クラーク国際の148キロ右腕・辻田旭輝投手が練習試合で6者連続奪三振

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

センバツに出場するクラーク記念国際が大同大大同と練習試合を行い、最速148キロ右腕の辻田旭輝投手が、2回を投げて6者連続奪三振を記録した。

スポンサーリンク

肩の力が抜けて

この日の練習試合で4回から2番手で登板した辻田旭輝投手は、ストレートで4つ、変化球で2つの三振を奪い、6者連続奪三振の圧巻の投球を見せた。

3月6日の前橋育英との練習試合では、1戦目で4回5奪三振、2戦目で3回5奪三振を記録するなど、三振を奪う圧倒的な投球を見せている。辻田投手は「下半身と上半身の連動が良くなってきた。力感なく腕が振れて、真っすぐをしっかり低めに決められた。空振りを取れたのが大きかった。」と話すと、佐々木監督も「肩の力みが抜けてきた。上々だね」と評価した。

昨年の明治神宮大会でも148キロ右腕として注目されたが、九州国際大付戦で先発したものの4回2/3を投げて6安打4失点して降板し、1−5で敗れている。そしてセンバツでも初戦で九州国際大付と対戦が決まり、「あともう少しで甲子園でやれる。しっかり調整して、もっと状態を上げていければ。」と雪辱に燃える。

この日はエースの山中麟翔投手も3回1安打7奪三振無失点と結果を残し、チームでリベンジに向かって一丸となっている。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2022センバツ】クラーク記念国際の注目選手
センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。まずはクラーク記念国際。
【センバツ】クラーク・辻田旭輝 2回を6者連続三振に切る
 第94回センバツ高校野球大会(18日開幕、甲子園)に初出場するクラークが9日、大同大大同高(愛知)と練習試合を行い、8―1で勝利した。4回から2番手で登板した右腕・辻田旭輝(新3年)が2イニングを6

第94回センバツ高校野球大会(18日開幕、甲子園)に初出場するクラークが9日、大同大大同高(愛知)と練習試合を行い、8―1で勝利した。4回から2番手で登板した右腕・辻田旭輝(新3年)が2イニングを6者連続三振と、完璧な投球を見せた。「力感なく腕が振れて、真っすぐをしっかり低めに決められた。空振りを取れたのが大きかった」。6人中、4人を仕留めた直球に、手応えを感じ取った。

クラーク快勝、センバツへ弾み エース辻田6連続K「調子を上げていきたい」 - センバツ : 日刊スポーツ
第94回選抜高校野球大会(18日開幕、甲子園)に初出場するクラークが9日、愛知県内で大同大大同(愛知)と練習試合を行い、8-1で勝利した。4回から2番手で登板… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

6日の前橋育英戦では1戦目が4回5奪三振、2戦目で3回5奪三振。3戦計9イニングで16奪三振と好調で、佐々木啓司監督(66)も「肩の力みが抜けてきた。上々だね」とご機嫌だ。左のエース山中麟翔(りんと、2年)も先発し3回1安打無失点7奪三振と順調に仕上がり、18日の初戦、九州国際大付(福岡)戦に向け態勢が整ってきた。

クラーク・新岡歩輝チーム22年1号弾 投手としても4回1安打1失点 - センバツ : 日刊スポーツ
第94回選抜高校野球大会(18日開幕、甲子園)に初出場するクラークが9日、愛知県内で大同大大同(愛知)と練習試合を行い、8-1で勝利した。7番遊撃で先発出場し… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント